÷0  ジャンル雑多な読書感想文
2017.05 « .1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30» 2017.07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* --/--/--(--) # [ スポンサー広告 ]
グランド・ミステリー
グランド・ミステリー
奥泉光 集英社文庫

 夏休みなので、太平洋戦争物を。(追記:夏休みに書いた)といっても、重苦しく戦争の苦難や非人道性を語るものではなく、背景の一つとして使われているだけですが。戦記だったり、ミステリーだったり、ピカレスクだったり、思想小説だったり、(ネタバレ)だったり、色んな要素が組み合わさっているので、感想書くのも結構大変。
 あらすじ。潜水艦の先任将校である片瀬は、真珠湾戦で決死の作戦である特殊潜行艇の乗組員の遺書が消えたことに疑問を抱く。また、一流パイロットである彼の友人榊原が、空母に戻った直後に飛行機上で謎の服毒死を遂げる。美貌の未亡人志津子の依頼を受け、片瀬は榊原の不審な死の真相を調べ始める。そして、「国際問題研究所」と言う怪しげな機関が浮かび上がってくるが。
 空母や潜水艦が重要な役回りとして出てくるので、海軍好きの人には堪らないのかも知れない。映画にもなった特攻潜水艦「回天」の存在は、これで初めて知りました。ですが、兵器に全然興味なくても、ふつうに読めます。
 戦争の緊張感漂う真珠湾と、未だ戦火の臭いしないインテリたちが住まう東京。全く異なる二つの場面を、潜水艦乗りであり、一人の妹の兄である主人公片瀬が繋ぎ、殺人事件の謎が桜の幻影と重なったときに、天才の狂気が引き寄せる新たなる展開とは。ということで、大風呂敷を広げるに広げた展開だけれど、その緻密な構成と、謎を引っ張る展開で、最後までだれずに読める。ミステリーとしても、戦争物としても、(ネタバレ)としても、かなりの質だと思うので、読んで損はないと思う。そういえば、今回はちゃんと謎が解けていてびっくりした。今のところ、この人のミステリーで最後までに謎が解いてもらえるのは、これと「モーダルな事象」だけなのでは。
 今回は、キリスト教信者の本多弁護士の演説から一番印象に残った台詞を。
隣人とは、私と同じ者、等しい者の謂ではない。私とは別の者、等しくない者、根元的に対立をはらんだ者であり、であるが故に、この世界を豊かで光輝ある世界に変えうる存在なのです。どうか、みなさん!理性と知恵を働かせてください。この狂気じみた時代にあって、自棄になって、自分を捨て去り、狂気に自ら進んで没入したりしないで下さい。毒をくらわば皿までなどと考えないで下さい。毒は食べても、皿を食べなければ命が助かることだってあるのです。


適当な人物紹介
片瀬稔 主人公で潜水艦勤務の将校。真面目でむっつりさん。
片瀬範子 主人公の妹。頭も良くさっぱりした性格だが、若干ブラコン気味。
彦坂淳一郎 シークレットブーツとカツラ疑惑のある、謎の商社社長
木谷紘平 片瀬の部下の将校。特技は猥談
顔振清吉 海軍の整備兵曹長で、榊原を尊敬していた。帽子の振りすぎで肩こりを起こすお茶目さん
梶木平太郎 元海軍兵(下っ端)アウトローで目端が利く
友部拓郎 範子の義兄。奥泉作品にお馴染みの、口は無駄によく回るが、根性がからきし無いタイプ。楽しい
他、個性的な面々がいろいろ

以下ネタバレ



顔振さんに捧げるレクイエム

 結局彼があんなにも軍隊内でのいじめの幻影に捕らわれているのは、彼自身が加害者として部下に致命傷を負わせたことがあるからなのだろう。けれど、彼はそれを思い出せない。だから、彼は永遠に自分がいじめの被害者である夢を見るが、殴られそうな決定的な瞬間に目が覚めてしまい、断罪されることはない。そしてまた同じような夢を見続けるのである。
 1巡目の人生の中で、彼は戦史を書いている時に、実際にあったことも忘れてしまって、自分にとって都合の良いことしか覚えていないんだと語っている。そして、だからこそ綿密に調べて実際あったことを忘れないために、本を書くのだと。
 けれど、1巡目で書いた戦史の内容と、2巡目での体験は、細かいところでかなり違っている。沈み行く戦艦で地獄のように釜に石炭を放り込み続ける水兵達、爆弾で手足を吹き飛ばされた人々や死人の生々しい記憶。戦史の中でそれらは削ぎ落とされ、悔恨や哀愁を含んだ、どこか懐古調の資料になっている。
 あんなに自戒を込めて語っていた顔振さんは、それでも一巡目で全てを思い出すことなく、2巡目で悪夢に追われながら、悲惨な死に場所に辿り着くまでずっと、先輩兵にいじめられている夢を見る。
 ここに、一般に人が自分の記憶を語るという限界がある。そして、それが彼の不幸なのである。

歴史を変えることのできない歴史改変SFは読んでいて歯がゆい。
結局誰もがいろいろとあがきながら、ほとんど何も変えることのできなかったこの世界で、強かに生き抜いた志津子さんは勝ち組。
エピローグはベタかもしれないけれど、この世界の仕組みをうまく使っていて、ふつうに驚き、感動してしまった。

ところで、3巡目とかあるのだろうか?
「マクベス殺人事件」の内容も気になるし
* 2007/02/14(水) # [ 読書感想文 ] トラックバック:0 コメント:0

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: ←ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。