÷0  ジャンル雑多な読書感想文
2017.07 « .1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31» 2017.09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* --/--/--(--) # [ スポンサー広告 ]
変身物語
変身物語
オウィディウス 岩波文庫

 個人的に、好みにぴったりでよかった。メタモルフォーゼって良いなあ。
 ギリシャ・ローマ神話を変身という主題でまとめた物語集。一つ一つの物語は短く、読みやすい。歯切れの良い散文調で、語りすぎず、必要にして十分の想像力を働かせる文章。性転換や動物への変身、水になったり樹木になったり、神々や人間の美男美女が入り乱れて、豪華絢爛な変身を繰り広げる。
 有名な「ナルキッソスとエコー」はナルシストの語源である美少年ナルキッソスが、自分に恋いこがれたあまり水仙となる話。「アポロンとダプネ」はエロス(キューピッド)を馬鹿にしたことによって、アポロンの恋した相手がアポロンを厭うあまり月桂樹へと変身する話。月桂樹となったばかりのダプネとアポロンの触れ合いがちょっと奇妙で良い。こういった変身話が何十話も続く。
 読んでいて気になるのが、魅力的で恐ろしく、それ故に美しい女性たち。結婚制度を守るため、嫉妬により災厄をまき散らす女神ユノー。魔術により義父までを殺す魔女メディア。恋の執念によって最後には文字通り相手と一心同体になるニンフや、神を敬わなかった罰として息子の首を引き抜くことになる狂女。恋に燃える神々や、ただおろおろする美女や、果敢に行動する王女など、それぞれ多種多様ですごい。
 キリスト教道徳や近代市民道徳が律する前の、今とは違う道徳観念の社会に生きている人々の様が面白い。神を敬うために供物を捧げるのが当然であり、男女ともに狩りに励み、人間くさい神々が闊歩するそんな世界。恋愛関係として、男女も男同士もあまつさえ人と動物関係さえ扱っているのに、女同士が禁じられているのは少し不思議。そういえば、プラトンの「饗宴」の恋人の前提は普通に男同士なのにびっくりした。現代と違う価値観の世界を見てみるというのは、なかなか興味深いものです。

 ちょっと長い今回のエピソード。蛮族の王テレウスに嫁いだプロクネは妹ピロメラに会いたいとテレウスに妹を連れてくるように頼む。しかしテレウスは美しいピロメラを一目見るなり気に入ってしまう。ピロメラを連れ出して陵辱したテレウスは、罪を発覚することを怖れ彼女の舌を切り取り、監禁する。しかしピロメラは機転によって姉に真実を知らせ、プロクネは「えうほい!」と叫びながら扉をぶち破って妹を助け出す。今回は、プロクネが罪の意識から涙にくれる妹にかける一言
「涙などに用はないの!必要なのは剣!そして、剣より強いもの!―そんなものがおまえにあったらね。ねえ、どんな罪深いことでもやってのける覚悟なの。松明で応急に火をはなち、張本人のテレウスを炎のなかに投げ込むもよし、あるいは、舌といわず、目といわず、お前の純潔を奪ったあの当のものといわず、これを剣で切り取るのもよいというものよ。それとも、幾千の傷を負わせて、罪深い命を葬ってしまうのも!わたしがやろうとしているのは、途方もないことなの。それが何であるか、まだわたしにもわかっていないけれど」
読むなりに恐ろしい。壮絶な復讐の内容と、その結末は読んでのお楽しみと言うことで。
* 2007/01/28(日) # [ 読書感想文 ] トラックバック:0 コメント:0

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: ←ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。