÷0  ジャンル雑多な読書感想文
2017.05 « .1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30» 2017.07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* --/--/--(--) # [ スポンサー広告 ]
2006年の読書総括
今年読んだ約80冊の中から適当に寸評

○今年の一冊
失われた時を求めて」&「ユリシーズ
20世紀の文学の始まりにして完成と、終焉にして到達点。
一冊じゃないですが、セットで。
お世辞にも読みやすいとは言えないし、よく分からないけれど長いので、他人に勧められるかというと勧めにくいのだが、読めばかなりの達成感と自己満足が得られる。
「失われた時を求めて9」の眠っているアルベルチーヌを眺めるシーンと、「ユリシーズⅡ」の遊び心は必読。



○今年のおすすめ
エロ事師たち」 野坂昭如
AV制作など戦後勃興期の風俗産業に関わるスブやんを筆頭としたエロ事師たちの話。
とにかく読みやすくて面白い。
下品きわまりないはずなのに、随所にちりばめられたアイロニーから漂う哀愁がまた心地よい。
まるで一回の性行のごとく、焦らし寄り道しながら、燃え尽きるまで、うさんくさい語りに乗せて、駆けて駆けて駆け抜けてしまえ。



○今年の登場人物
ニカルノ神父
百年の孤独」(ガルシア・マルケス)より
神の存在を証明するために、溶かしチョコレートを飲んで浮遊する。しかも12センチ。
とても説得的。
しかも作者のミスによって、頭を銃でぶち割られても、次のページではぴんぴんとしている。
意味が分からない。
これほど不条理で魅力的な神父を今のところ、他に知らない。



○今年の一言
「それで地球はどうなったんだ?」
「ああ、破壊されたよ」
「破壊」アーサーは抑揚のない声で言った。
「ああ、蒸発して消えちまったよ」
「あのさ」アーサーは言った。「ちょっとショックなんだけど」
銀河ヒッチハイク・ガイド」(ダグラス・アダムス)より
ある日我が家の敷地がバイパス建設予定地だったことに抗議して泥に寝転がって抗議していたアーサーが、いきなり宇宙船に乗せられ、銀河バイパス建設のために地球を破壊されたのを知ったときの一言。
まことにその通りがゆえに馬鹿馬鹿しいユーモアっていうのが、結構好みだったらしい。
この作品や「猫のゆりかご」みたいな、呆気ない滅亡ものSFは他にもあるんだろうか。



○今年のノンフィクション
ガリレオの指」 ピーター・アトキンス
「銃・病原菌・鉄」(ジャレド・ダイアモンド)と迷ったが、カバーしている範囲の広さと応用が利きそうなことからこっちに。
良質の科学解説本。
丁寧で正確な解説、わかりやすい比喩、にやりとさせられるユーモアと、解説書が持っているべき要件を3拍子そろえていて、大部だが読みやすい。
これだけ読んでおけば、いっぱしの科学通が気取れるような気がする。



○今年恥ずかしかった本
蛇を殺す夜」 奥泉光
黒光りして性器を模したような不気味な何かが蠢く表紙。
図書館で借りたときに、司書さんが裏返してくれたのに、裏も同様の装飾でどうしようもなかった。
中編2編で内容は(多分)まじめな純文学。
違う表紙で文庫化してくれたら買う。



○今年だまされた本
顔を持つまで」 C・S・ルイス
作者はナルニア国物語で有名な人。
ギリシャ神話のエロスとプシュケを元にして書いた小説。元の神話は読んだことがあったので、異種族感恋愛の話が読みたかったのに、中身は姉の葛藤を軸とした姉妹愛の物語でした。
全然違うものを期待して読んだのも悪かったが、物語の最後になって最初から分かり切っていたことをとくとくと語られても困る。



○今年の挫折本
「ブリキの太鼓」
ギュンター・グラス
そういえば、作者がナチスと関係があったことをカミングアウトしましたね。
で、何やらおもしろそうだったのだけれど、長いのと文庫の文字が小さいのに、一巻の半分あたりで挫折。最後は感動的らしいが、たどり着けるのはいつになるだろう。

○今年の反省
ヴォネガットJr.とか「キャッチ=22」とかイーガンとかSFがわりと豊作だった。
名作(特に海外物)も重点的に読めたし。
全体的にあまりはずれがなく、よかった。
アマゾンのリストマニアは活用すべし。

○来年の抱負
続けて名作をがんばって読む。
社会科学系(特に経済学)あたりも読んでみる。
ジャンルは食わず嫌いしないようにする。
来年も良い本に出会えますように。
* 2006/12/22(金) # [ 企画 ] トラックバック:0 コメント:0

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: ←ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。