÷0  ジャンル雑多な読書感想文
2017.09 « .1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31» 2017.11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* --/--/--(--) # [ スポンサー広告 ]
しあわせの理由
しあわせの理由
グレッグ・イーガン ハヤカワ文庫

 ハードSF作家として有名なイーガンの短編集。ハードと言っても、高校で科学を学んだことがあれば、8割方は理解できると思う。さすがに、『ボーダー・ガード』の量子サッカーはちんぷんかんぷんだったが。量子力学は鬼門。作品自体は、問題提起とそれを生かすSF的手法が面白かった。以下、特に気に入ったもののあらすじと雑感。
『闇の中へ』
世界中で突如現れた、1分ごとに90%の確立で存在し続けるワームホールの中から、人々を助ける役目を負うレスキューボランティアの話。決して後ろには進むことができず、また、過去の結果とは独立に決められるワームホールの存在確立など、特殊な世界を描くのと同時に、それは紛れもなく現実世界の法則の写しでもあって、不安感の残る結末と共に楽しめる。
『移相夢』
欠陥の多い人の体から、ロボットの体へと意識を移し替えるときに発生する「移相夢」の話。現実も幻覚もなく死さえ失われた、出口の見えない入れ子の中で味わうめくるめく感覚が好みだった。
『しあわせの理由』
二〇〇四年の九月、一二歳の誕生日を過ぎてまもなく、ぼくはほぼ四六時中、しあわせな気分でいるようになった。
書き出しが素敵な表題作。脳にできた腫瘍によって、ロイエンケファリンという「しあわせ」を感じる物質が常時放出されるようになった少年の話。安易な回答に逃げずに、半ば実験台となり、傷つきながら、「しあわせ」の理由を探し求めている主人公がよい。しあわせ至上主義に対する疑問として面白い作品。
ぼくの感じているしあわせがぼくにとってなんの意味もないものだという事実を―かつて腫瘍にいやと言うほど思い知らされた以上に―うけいれることにほかならなかった。しあわせのない人生は耐え難いが、ぼくにとってしあわせそのものは生きる目標とするに値しない。

 ハードSFとは言っても、意外に現実世界との隔絶感は薄い。というのも、作品の主題が現実世界で起きている問題の延長上にあるからである。『適切な愛』の延命治療と子宮利用は、現在の延命と生殖医療の問題を突き詰めていけば、必ず生じる疑問をかたちにしたものだし、『しあわせの理由』は脳科学が発達し、感情と物質の関係が解明されていく過程で問題になる倫理がテーマになっている。かなりしっかり書き込まれている(らしい)科学についての描写は、虚構と現実を繋ぐための道具となっている。もちろん、リアリティを担保するための道具立てそれ自体もひっそり楽しめる。
 読後感がどの作品もかなり似ているのは、どれだけ科学技術の進歩を手に入れても、それだけで人類が極端に幸せになることも、不幸になるようなこともないからかもしれない。
* 2006/11/24(金) # [ 読書感想文 ] トラックバック:0 コメント:0

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: ←ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。