÷0  ジャンル雑多な読書感想文
2017.09 « .1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31» 2017.11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* --/--/--(--) # [ スポンサー広告 ]
ユリシーズⅠ
ユリシーズⅠ
ジェイムズ・ジョイス 集英社文庫

 「失われた時を求めて」を読んで20世紀の文学を完成させたら、次は「ユリシーズ」でがちゃがちゃにぶっ壊してしまえ、というわけで読みはじめてみた。ちなみに「ユリシーズ」とはホメロスの叙事詩「オデュッセイア」の英語読み。
 あらすじ。1904年6月16日、ダブリンでの一日。作家を目指している教師のスティーブン(22)は小学校で授業をした後、上司の記事を載せるために新聞社へ向かう。一方、ユダヤ人の広告取りのブルーム(38)は、友人の葬儀に参加した後、同じく新聞社へと向かう。スティーブンには出会わないまま、ブルームは調べもののために国立図書館に向かう。午後1時。
 本の厚さに驚くが、半分くらいは注釈と解説なので、本編は思ったより短い。「失われた時を求めて」の時も思ったが、詳しい注釈は知識の浅い私にとって助けになるが、読む推進力も奪う(たまにネタばれもするし)諸刃の剣。いつか、柳瀬訳もついでに目を通しておきたい。
 綿密なプロットと計算の上で作られた小説で、それぞれの章に象徴となる色や器官、対応する表現技法や時間が定められ、もちろんオデュッセイアとの対応もある(らしい)。
 今のところ、”意識の流れ”を究極まで突き詰めたらこうなるのではというような文体で書かれている。随所に掛詞のような言葉遊びや、連想ゲームのような思いつき、歌の切れ端が混じり込み、散漫で落ち着きのない人の普段の思考が念入りに描写されている。衒学的なスティーブンの意識は、捨て去ったキリスト教へのこだわりや母への罪悪感、友への鬱屈から暗く、全体的に読みにくい。普通のユダヤ人のおじさんに見えるブルームの思考は、ついつい女の人の尻を追い回したり、からかうように眺めていたりする一方で、唐突に無常観に囚われたり、生まれてすぐに死んでしまった息子のことや、浮気しているかもしれない妻と間男のことが頭につきまとっている。
 彼らの思考の前提として、旧訳・新約聖書などキリスト教の常識やシェイクスピア作品の教養、そしてアイルランドの歴史があるので、そのあたりのことがいまいち飲み込めないと細かい注釈があっても正直、読んでいてもよく分からないところが多数。ようやく慣れてきたので、少しずつペースをつかんでいきたい。
 これからの展開が読めないので、まだ何とも言えないが、とりあえずさいごにイエスといってくれるところまでよもうイエス。

今回の引用は、7章の「アイオロス」から
なぜだかいきなり、一部分だけ冒険小説の文体に変わるところ
 使者はもの思いにふけりながらマッチ箱を取り出すと、葉巻に火をつけた。
 あれから、あの不思議な時間を振り返ってはよく考えたものだ、その後のわたしたち二人の一生を決めたのは、それ自体は取るに足りない、あの小さな行為、あのマッチをするという行為であった、と。
『あの』を使いすぎ。ここだけ文体が違う意味も分からない。『、と。』というのはいかにも冒険小説らしいので、つい笑ってしまった。
* 2006/10/24(火) # [ 読書感想文 ] トラックバック:0 コメント:0

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: ←ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。