÷0  ジャンル雑多な読書感想文
2017.09 « .1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31» 2017.11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* --/--/--(--) # [ スポンサー広告 ]
ラヴクラフト全集
ラヴクラフト全集
H・P・ラヴクラフト 創元推理文庫

 不穏な空気が漂う怪奇小説の大家ラヴクラフトの代表作を集めた全集。とりあえず2と1の半分まで。アメリカで唯一の神話、クトゥルフ神話を作り上げ、人気作家のスティーブン・キングも傾倒しているらしい。面白かったものだけ、簡単に感想を。
 まずは「死体安置所にて」 足首がかゆくなる短編。珍しくブラックユーモアで、短いので読みやすい。とりあえず死体は丁寧に取り扱いましょう。
 次は、クトゥルフ神話の発端となった「クトゥルフ」の呼び声。奇妙な心臓麻痺でなくなった叔父の資料を整理していた主人公は、不思議な資料を見つける。その真相を探っていくうちに、グロテスクで謎めいた邪神が宇宙を呑み込もうとしているのだと主人公は感づくが。正直これだけでは、何とも言えない。よくわからない呪文は、面白いのだが。どの国に属する言葉でもなく、発音しにくい謎の言葉が各所に妖しくちりばめられている。ル・リエー。
 「壁の中の鼠」 中編。雰囲気作りがとにかくうまい。怪しげな家系と恐怖を募らせる村人と秘密の地下室といった、ラヴクラフトお得意の道具立てで、出るぞと思わせながら、妙に鈍感な主人公のせいで読んでいるこちらが緊張する。猫が可愛かった。
 「チャールズ・ウォードの奇怪な事件」 一押しの作品。上品な感じがするホラー。とりあえず塩が怖い。精神病院から消え失せた青年の記述から始まる中編。抹消された記録文書からよみがえる、妖しげな先祖の所行。奇妙な実験と隠された書簡。そして主人公とうり二つの先祖の肖像画が示すその先には。真っ暗な地下室で、一カ所だけ魔神の巣窟への落とし穴が口を開けているところに手をかけてしまうところが一番怖い。
 全体的に、ゴシックホラー調で、装飾過多な文体や、古色蒼然とした耳慣れない言葉が多く、おまけに文庫本の文字サイズが小さいこともあって、お世辞にも読みやすいとは言えない。けれど、逆にそれが裏に恐怖を醸し出しているように思える。そして何より、「現場への不在」が恐ろしい。「壁の中の鼠」でも、「チャールズ・ウォードの奇怪な事件」でも、主人公といえる人物は、小説の中でその一番恐ろしい場面を語っていない。魔神がでてきたところでいきなり場面転換をしていたり、頭の中でおかしな声がしていると思ったら、いきなり我に返ると口に血を滴らせた主人公と血みどろにちぎれた仲間の姿があったりする。
 緻密に課程を描き、その決定的瞬間だけを逃し、最後に結果を示すのは、かなり後を引きました。本当に怖いことは言葉にできないのかもしれない。言葉にすることは、登場人物がある程度客観的に語り、読者と共有されてしまうがゆえに。
 血みどろスプラッタや、どろどろ怨念のホラーが苦手な人は手にとって損はないと思う。
* 2006/09/10(日) # [ 読書感想文 ] トラックバック:0 コメント:0

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: ←ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。