÷0  ジャンル雑多な読書感想文
2017.09 « .1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31» 2017.11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* --/--/--(--) # [ スポンサー広告 ]
失われた時を求めて11
失われた時を求めて11
逃げ去る女
マルセル・プルースト 集英社

 出版社によって題名が違っていたり、大幅に修正が加えられた別種の原稿があったりと、なかなか曰く付きの巻。(プルーストが推敲途中で死んでしまったため) 話としては、大分大詰めに近づいてきた感じがする。劇的な恋の幕引きあり、あっと驚くどんでん返しありの11巻目。
 あらすじ。アルベルチーヌは語り手のところに置き手紙を残し、語り手の家から消え去る。語り手はアルベルチーヌを取り戻そうとするが、電報で彼女が死んだことを知らされる。語り手は深い悲しみにおそわれるが、同時に哀惜とゴモラの疑惑による嫉妬におそわれる。そして始まる彼女の記憶の忘却。その後母と赴いたヴェネチアから、パリに帰る途中で、ジルベルトとサン=ルーの結婚、そしてオロロン嬢(ジュピャンの姪でシュルリャスの養女)とカンブルメール侯爵の結婚という、二つの驚くべき結婚について知る。
 当時のフランスの結婚観がよくわからないので、母親や祖母がそんなにこだわっている信条がいまいち実感できない。フランスでは、貴族と庶民の線引きがはっきり引かれ、住むところも生活習慣も名前も全く違い、別人種の人間として存在しているらしいのだが(おそらく現在でもかなりその意識は残っている)
 何となく気になっていた場面の種明かしに驚いた。サン=ルーの印象はこの巻でかなり変わる。リフトの件しかり、5巻での男を殴るシーンしかり。
 面白かった場面。忙しいサン=ルーにアルベルチーヌを連れ戻すことを無理矢理頼んでおきながら、彼が失敗したと知った時の語り手の言葉。
私はサン=ルーを呪った。
あんまりなので笑った。

以下、ネタバレ。

軽くメモ
 探れば探るほど錯綜していくアルベルチーヌ像。日常の親しさに溢れた妹のようなアルベルチーヌとゴモラの女である疑惑を持つ謎めいたアルベルチーヌ。その嘘。彼女と知り合う以前の時間と、囚われの女である時間、そしてその後の時間と時をまたぐ疑惑。そして全てを押し流していく忘却。記憶が忘却にさらされて失われてからも、習慣だけが起源も忘れられたまま残っていく。
 ジュピャンの姪の結婚とその死。ジルベルトの告白によって明らかになった語り手の初恋の側面。
* 2006/03/26(日) # [ 読書感想文 ] トラックバック:0 コメント:0

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: ←ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。