÷0  ジャンル雑多な読書感想文
2017.05 « .1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30» 2017.07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* --/--/--(--) # [ スポンサー広告 ]
失われた時を求めて9
失われた時を求めて9
囚われの女Ⅰ
マルセル・プルースト 集英社

 アルベルチーヌによってもたらされる嫉妬の描写がかなりの部分を占める10巻。モレルに振り回されるシャルリュス氏とジュピャンの姪が気の毒。寝てるアルベルチーヌの描写が素敵でした。
 あらすじ。パリに戻ってきた語り手はアルベルチーヌと一緒に暮らすようになるが、彼女のふとした嘘や素振りからゴモラの女ではないかと疑いを深める。一方、モレルはジュピャンの姪と婚約するが、彼女や親代わりのシュルリャス男爵とは諍いが堪えない。そんなある日、ベルゴットが美術館で死亡する。また、スワンも病状が悪化して死亡する。
 主要登場人物があっけなく死んでしまう巻であるが、サロンでは凡人であったけれど作品の残るベルゴットと再起のある社交人であったけれど何も残らないスワンの対比が哀しい。けれど、スワンも語り手が書き残すことによって「失われた時を求めて」の中で生き続ける。
 何度も言及される同性愛の描写は、どうも感覚的に掴みづらいのだが、キリスト倫理の強い社会では禁忌とされた風習であったことを考え合わせると、この作品はなかなか衝撃的なのかも知れない。

いつもどおり面白かったところから引用。
故意にそんな姿勢をとろうと思ってもとれないような自然な体勢で、ながながとわたしのベッドに横たわっている彼女は、花をつけた細長い茎をそこにおいたように見えた。そして実際その通りだった。こんなとき、あたかも彼女が眠ったまま植物に変わってしまったかのように、私は彼女の不在のときでなければ持ちえない夢見る力を、彼女のかたわらにいながら取りもどすのであった。
もう一つ。
その男といっしょに三時のお茶を飲んだとすれば彼女はこう答えるからである、「お昼前にちょっと会いましたわ」この二つの事実のあいだにある唯一の違いは、一方が嘘で他方が真実であると言うことだ。だが嘘をついても真実を言うのと同じく罪はない、あるいはこう言った方がよければ、嘘も真実同様に罪が深い。
* 2006/02/24(金) # [ 読書感想文 ] トラックバック:0 コメント:0

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: ←ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。