÷0  ジャンル雑多な読書感想文
2017.07 « .1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31» 2017.09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* --/--/--(--) # [ スポンサー広告 ]
2005年の読書総括
○今年の一冊

葦と百合
奥泉光 集英社文庫
さんざん考察したので、語ることはもう特にないんですが。やっぱり「虚無への供物」を読んだ後だと、影響が相当に見て取れました。



○今年のお勧め本
脳と仮想
茂木健一郎 新潮社
固いタイトルや拍子に比べて、中身はあっさりと読みやすいエッセイ。人に伝えることの出来ない、それぞれの脳の質感「クオリア」について語った本。想像の世界のリアルさが生き生きと述べられている。妄想と虚構に生きる現代人にとっての、福音の書となりうるか。(大げさに言ってみた)



○今年の時代物
雪の夜のあと
ドラマにもなった、「慶次郎縁側日記」の原作の2冊目。人情物。犯罪被害者の家族と加害者の家族に、許しや理解はあり得るのかという人情もの。どうしようもない駄目親父の娘のおぶんが痛々しくて哀れで可愛い。




○今年のSF
ソラリス
スタニスワフ・レム 国書刊行会
やっぱり、これ。安易なロマンチシズムを徹底的に寄せ付けない、圧倒的なソラリスの描写がよかった。





○今年のミステリ
モーダルな事象
奥泉光 文藝春秋
この人の作品にしては珍しく、きちんと謎に対して回答が与えられています。と言っても、いつものメタジャンル的な要素もきっちりは言っていますが。駄目教授の桑幸と元夫婦デカ(松本清張風)の二重奏を楽しめ。




○今年の一言

”C'est un champignon!”
Le Petit Prince』より
(邦題 「星の王子様」 適当和訳「そんなのキノコだ!」)
翻訳権が切れて、今年和訳ラッシュでちょっとしたブームだった「星の王子様」から一言。忙しいと言って、顔を真っ赤にしてお金ばっかり勘定しているおじさんに向けて放つ、王子の一言。『シャンピニョン』という発音がツボにはまって。いや、わたしもキノコなんでしょうが。



○今年一番恥ずかしかった本

9月は謎×謎修学旅行で暗号解読」(霧舎学園シリーズ)
霧舎巧 講談社ノベルス
図書館で借りるときに、表に返されて恥ずかしすぎた。
ブログにはいちいち書かないけれど、こんな感じの本が読む本の中で結構な割合を占めていたり。



○今年一番だまされた本
都市計画-利権の構図を超えて-
五十嵐敬喜 岩波新書
都市計画の概略が知りたかったのに、中身はただの巨大ビル建設批判。題名で嘘を付かないでほしい。口直しには、「まちづくりの発想」をどうぞ。





○今年の挫折本
容赦なき戦争
ジョン・ダワー 平凡社
太平洋戦争を、人種主義という面から解説する本。半分くらい読んで飽きて、挫折。「敗北を抱きしめて」は面白かったのに。

○今年の反省
とりあえず沢山の楽しい本に巡り会えたので良かった。

○来年の目標
3月末までに「失われた時を求めて」を読み終える
宗教や化学の分かりやすい解説書があったら読みたい
岩波文庫に収められているような古典を読む(文学・社会科学・思想)
といっても、エンタテイメント系も読みたい
* 2005/12/22(木) # [ 企画 ] トラックバック:0 コメント:0

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: ←ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。