÷0  ジャンル雑多な読書感想文
2017.07 « .1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31» 2017.09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* --/--/--(--) # [ スポンサー広告 ]
ロマン
ロマン
ウラジミール・ソローキン 国書刊行会

 解き放て、ロシア小説!
 というわけで、再びソローキンの登場です。
 あらすじ。時は19世紀末、32歳の若い弁護士ロマン・アレクセーヴィチは3年ぶりで故郷の村クルトイ・ヤールに戻ってくる。弁護士をやめて画家をこころざすロマンは、美しいロシアの自然に囲まれながら、村の人々と心温まる交流をする。ある日、ロマンは村の純朴な娘タチヤーナと出会い、熱烈な恋に落ちる。そして村人に祝福を受けながら婚礼をあげた夜。ロマンとタチヤーナは婚礼の贈り物である斧と鈴を手にしたとき、殺戮の夜が始まる。
 訳者解説がよくできているのであんまり書くことがない。
 ソローキンは相変わらず変態すぎてあれです。スプラッタでカニバでスカトロでしかも冒涜的で、色んな意味で最悪なので、あんまりそういうのに耐性がないひとは読まないほうが無難かと思います。(最新作で、フルシチョフ×スターリンの幼児退行嗜好18禁エロを書けるひとはやっぱりまともじゃない)

 基本的な構造は、4分の3くらいまでの物語性豊かないかにも『ロシア小説』(露訳でロマン)が、いきなり意味や構造を失い完膚無きまでに破壊されて死ぬまで。好き放題やっているように見えて、絶妙なセンスと計算が感じられるあたりはさすがの上手さ。
 ソローキンはテクストとしての伝統的ロシア小説が好きらしく、本書のほとんどを占める物語性豊かなロシアの農村での暮らしを描いたパートはトルストイやトゥルゲーネフなどの精巧な文体模写によってつくられているとのことで、いかにもロシア小説に出てきそうな個性豊かなキャラクターや大地礼賛や自由と宗教と社会についての議論など、肉厚でおなかいっぱいな感じの描写が続きます。
 で、肝心の殺戮と解体およびラストについてですが、もっと狂躁的なノリなのかと思ったら、惨劇の興奮はあっという間に終わり、どこまでも言葉の連なりでしかないシステマティックなのが意外でした。続く教会での解体(文字通り)シーンは読んでいてとんでもなく不快ですが、洗磐の中身(おそろしくて書けない)をぐちゃぐちゃやっているあたりまでは何となく、裏返しの宗教儀礼であり大地との合一や自由の獲得や愛の成就という象徴性を帯びている気がしないでもないのだけれど、石片や木片を弄ぶあたりからそんな象徴性も装飾を削られた文章とともに全てが無意味になり、為すすべなくテクストの波間に漂うしかない読者が本気で「もう『ロマン』死んでくれないだろうか」と思ったあたりで本当に死んでしまうそのラストのすさまじい決まり具合には脱帽です。
ロマンは死んだ。
 でも一番恐ろしいのは、この『小説』の解体の過程が全くの断絶ではなく、どこか連続性をもって書かれていることだと思う。実際、物語が破綻する前の中盤で何度も繰り返されていた「きみを愛している」「あなたはわたしのいのちよ」という愛の告白のやりとりは、全てを知った後に読み返すとどこかグロテスクでさえある。破綻直前部分のロマンとタチヤーナの会話は、今までの熱烈な調子を保っていながら、それとなく後への展開の伏線めいたところが感じられなくもない。そして「ロマンは~した。」という文章がひたすら連なる全てが崩壊したラスト付近でも、ひたすら無意味な反復に見せかけておいて、徐々にロマンが衰弱していく様子が分かるように脈絡が整っている。
 そしてこの作品のベースとしてある伝統的ロシア小説だって、なんとかまともな小説らしい顔をしているけれどこの作品に通じる不気味なまでのパワーがそこにはうずまいていて、それを分かりやすい形にしたのがこの『ロマン』なんじゃないだろうか。

 「愛」を読んだ時も思ったけれど、ソローキンの小説は『愛』や『小説』というどこか慣れきってあなどっていた概念が、本当はもっと底知れない拡がりを持っていたものなんだと気付かせてくれるようなところが素敵です。
 そして見るのでも体験するのでもなく、読むことでしか味わえない『テクストの快楽』というものがあるのなら、この小説がその一つの形であるのも保証します。
 と持ち上げてみたけれど、やっぱり色々と最悪なので読む際には十分気を付けましょう。
 ところで最初に出てくるロマンの墓は、一体誰が作ったんでしょう?

 今回の不思議アイテム
斧:振り上げたなら斬り落とせ!
鈴:鳴らすと犬が吠えるのをやめる。最後は腹に詰めましょう。
* 2010/05/19(水) # [ 読書感想文 ] トラックバック:0 コメント:0

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: ←ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。