÷0  ジャンル雑多な読書感想文
2017.09 « .1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31» 2017.11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* --/--/--(--) # [ スポンサー広告 ]
野獣死すべし
野獣死すべし
村川透監督

 テレビで放送していたので何となく見てしまった。松田勇作主演版。原作小説はハードボイルドだけど、この映画はノワールっぽいクライムもの。
 あらすじ。警察官を刺殺し銃を奪い、カジノで強盗殺人事件が起きる。その犯人はヴェトナムなど数々の戦場で地獄のような情景を撮り続けてきた元ジャーナリストの伊達であった。更に銀行強盗を計画する彼は、レストランでウェイターとして働く青年、真田と出会う。二人は正反対の性格ながらどこか通じ合うものを感じ、以後行動を共にするようになる。
 なんとなく「タクシードライバー」を思い出させるような筋ですが、クラッシック音楽の使い方とか、差し挟まれる(あまりにも)意味ありげな戦場写真など、若干野暮ったく思われるものの、そこもまあ憎めない感じではあります。
 やっぱり松田勇作の死んだような目が、この映画の一番の吸引力でしょうか。角川映画ということで溢れ出すトンデモ感も、誇大妄想のような狂気と相まって引き寄せられます。怒りを留めてはいられない真田の鬱屈の原因やヴェトナム戦争など、どこかに透けて見えるアメリカへの怨み節もアレな感じで、全体的にはかなり満足でした。
 理由なき犯罪たちは、彼が戦場で見たどんな残虐な現実もあり得るのだという無秩序そのものの世界と、現代日本の秩序だった誰もが平和に暮らしていられる日常世界と、その二つのあまりにもの落差に穴を開けるための凶行なのかなあと思いました。そんな彼が、『秩序』そのものとも言える西洋起源のクラッシック音楽だけを淫しているといえるほど愛しているのも、また矛盾していて、そこに危うい魅力があります。
 真田に恋人を殺させ、狂った演説を施し、それでも思い切れない真田へ銃を放って自分に向けさせ、野獣へと仕立て上げた瞬間の二人の関係は、大げさな演出と相まって最高にエロくて素敵(それまでのいまいち噛み合わない会話とかも含めて。それに昔から銃というのは性器のメタファーなんだし)
 白い服着てクロスのアクセサリーをかけてた小林麻美は、特に目もくれられずにあっさり死ぬところが良かったです。こういう映画では、きれいな女の人はやはりこうでなくては。
 案の定殺されちゃった銃の密売人のシーンや、心臓に悪すぎるリップ・ヴァン・ウィンクルのシーケンスも秀逸。
 と、終盤までの流れが緊張感がみなぎって面白い分だけ、列車で狂気を爆発させてからラストの間までのシーンはよそでもちらほら見かけるように、ちょっと投げやりすぎだと思いました。(もしかするとこのあたりから幻覚にあたるシーンなのかもしれませんが)
 一旦夢オチかと思わせて、現実なのか幻覚なのか曖昧なラストはなかなか良かったです。リップ・ヴァン・ウィンクルのお酒は、ここでも効いてくるんですね。
「そう・・・『これで終わり』って酒だ!」
* 2010/01/24(日) # [ 映画感想文 ] トラックバック:0

トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。