÷0  ジャンル雑多な読書感想文
2017.05 « .1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30» 2017.07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* --/--/--(--) # [ スポンサー広告 ]
セーラームーンSSに寄せる異種恋礼賛
たまに「異種間恋愛」などのキーワードで訪れてくれる同志のためのひとり語り。



今現在、少年漫画としての異種恋ベストは「遊戯王」の社長と青眼ですが、少女漫画としての最高峰は「セーラームーンSS」のペガサスとちびうさ(アニメver.)なのですよ。

 少女漫画のコンテクストで私が異種恋のやって欲しいこと全てを、非常に幻想的な演出と美しい絵柄で叶えてくれる、まさに正典。
 私が異種恋コンビを好きになるのは『異種族に惚れてしまうなんていうとんでもないことを「愛」とかいう不条理な力で当然のごとく成し遂げてしまう』というパターンが多いのですが、パターンど真ん中。ついでにその動物っぽさとか、メカっぽさとかが活かされている描写があるとなおいいです。
 最初から飛ばしているのも素敵。ちびうさが不思議な夢のなかで見た美しいペガサス(普通に馬です)に一目惚れするのがはじまりなのですが、目を潤ませて手を伸ばしているところなんか無駄な色気が全開で、最初からスタッフは飛ばしすぎです。そんなかんじで、なぜか戦いを助けてくれる正体不明のペガサスと、健気にペガサスを信じて戦うちびうさが一応話の軸です。
 で、大事なところは、ちびうさがペガサスの正体を知る前からペガサスのことが大好きだってことなんですよ。馬相手にときめいちゃったりするわけですよ。キスシーンを決意するのもペガサスのときなんですよ。(未遂ですが)正体が美少年だと知っても、やっぱり馬と一緒にいちゃいちゃしてるんですよ。素敵すぎる。
 おでこくっつけたり、一緒に空中散歩したり、というお約束なシーンは全て完備ですし、外見は少女とペガサスのピュアな純愛ですが、危険なまでの一途さと妙な背徳感がかもすエロティックさ(スタッフは自覚的に演出してると見た)とのちぐはぐな印象も良し。ペガサスが時折いなないたり、その他馬っぽい仕草を残しているのもポイント高いです。
 ペガサスの正体は儚げな美少年であるエリオス(外見年齢14歳くらい)ですが、それでも外見10歳弱のちびうさと並ぶと犯罪っぽく見えるので、これまたよい感じ。しかしこいつらの実年齢は1000歳以上と900歳です。
ついでにエリオスは薄幸の美少年に見えますが、ちびうさの着替えシーンの際に、ペガサスが息を荒くしながら幼女の着替えをちろちろと見ていたことをわたしは忘れない。
 一応最後は異種恋のお約束通り『別離』という形を取っていますが、こいつらの寿命を考えれば900年後にそのままの姿で仲良く再会ということで、わたしの脳内では無問題。人型でも馬型でも仲良くいちゃいちゃしてる設定。2代目EDのラストは再会のシーンだと勝手に思ってます。

漫 画版の方では、ちびうさは正体不明のペガサスを少々うさんくさく思っていたところ、正体が美少年だと知ってから惚れる流れです。美少女が美少年に恋するなんて、この世界では自明の理なので減点です。(でも、未来からやって来た年上っぽいレディセレニティに憧れて、幼女のちびうさを頑張って助ける流れはちょっと美味しい)

 一つのアニメ作品としてみれば、単調でマンネリが漂う作品ですが、異種恋度はピカイチ。加えてセル画アニメの一つの到達点とも言える安定した可愛らしい絵と、諸処に漂う変態感が素敵です。

 アニメと言えば、『勇者警察ジェイデッカー』のせいあさんとマクレーン(ロボット)もわたしのツボなんですが(17話の「邪神インティ」はテーマとかエロさとか素晴らしすぎる)、アニメスタッフに同志がいるとしか思えない。
* 2009/07/20(月) # [ 企画 ] トラックバック:0

トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。