÷0  ジャンル雑多な読書感想文
2017.09 « .1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31» 2017.11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* --/--/--(--) # [ スポンサー広告 ]
オセロウ
オセロウ
ウィリアム・シェイクスピア 岩波文庫

 ナボコフの短編「いつかアレッポで」が気になったのと、四大悲劇でまだ読んでなかったなあ、と思ったので読んでみた。訳はあんまり凝りすぎることもなく、すらすらと読みやすい感じ。
 あらすじ。ムーア人(黒人)でヴェニスの将軍であるオセロウは美しいデズデモウナを妻にする。オセロウの副官の地位をキャシオウに奪われたイアーゴウは、復讐のために、デズデモウナがキャシオウと浮気をしているとオセロウにほのめかす。嘘に過ぎないそれを信じてしまったオセロウはデズデモウナを手に掛けてしまうのだが…。
 今さらながら、シェイクスピアはやっぱりうまいなあと思いました。ムダがほとんどない引き締まった構成に、わざとらしくはないが全体を予言するような意味深な台詞回し、各登場人物の対比が光る類似と相違、そしてそれぞれの意志を超えたところにある運命という名の悲劇。個人的には、マクベスやハムレットより分かりやすく、壮大なところはあまり無いけれど、とっつきやすいかもしれない。
 シェイクスピアの作品は、同じテーマが少しずつずらしながら繰り返され、何層にも重なっていく多重構造が多いような気がするのだけれど、ハムレットの場合は『復讐』だったテーマは、オセロウの今回は『愛と信頼と裏切り』という感じでまとめたら分かりやすそう。
 オセロウはデズデモウナの貞節を信じ切れずに、愛情のまま彼女を裏切る。キャシオウは酒に酔って、オセロウの部下への信頼を裏切る。デズデモウナはオセロウとの愛のために、父親ブラバンショウを裏切る。イアーゴウは副官になれなかった恨みから、オセロウを裏切る。
 けれど、オセロウがデズデモウナを信じ切れなかったのは、結局彼女の自分への愛情と自分自身を信じ切れていなかったからでは?そしてイアーゴウがオセロウを恨んだのは、オセロウ同様に自分の妻が裏切ってオセロウと寝ていたという噂を聞いたからでは?そもそも、讒言という手段を取ってまでオセロウの副官になりたかったイアーゴウは、オセロウを上司として愛していたのでは?という感じで、結局何が始まりだったのかよく分からない。
 そんななかで、愚かだけれど最後までオセロウへの愛と信頼を貫いたデズデモウナと、真実を語るという正義を通したエミーリアは、裏切りが続く本書のなかでひときわ輝いて見える。けれど彼女たちの勇気は『死』という形でもって報いられるあたり、シェイクスピアは容赦が無くていいなあ。そう言えば、オセロウとイアーゴウは妻殺しを犯している点でも共通するのか。
 とにかくシンプルだけれど錯綜していく運命の筋書きのなかで、何がなんだかよく分からなくなっていくのが面白かった。

 結論。ロダリーゴウは愛すべきバカ。

第一幕第三場
イアーゴウ
 わかった。出来たぞ。あとは地獄と夜の手でこの化け物を明るい世間へ産み落としてもらうばかりだ。
* 2009/05/17(日) # [ 読書感想文 ] トラックバック:0

トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。