÷0  ジャンル雑多な読書感想文
2017.07 « .1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31» 2017.09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* --/--/--(--) # [ スポンサー広告 ]
読書メモ
先月は文学愛好月間ということで

「世界の民話」エスキモー、パプワ・ニューギニア諸島
ぎょうせい編纂
 世界の民話シリーズから二冊。シンプルながらパターン化された装幀が可愛らしくて手に取りたくなる。
 たくさんある中から、適当に拾い読み。あまり文明化されずに、自然との敵対関係まで行かず共生関係を築いているところでは、原型がらみの異類婚姻譚が多くていいなあ。猿とか鯨とか鮫とか犬とかよりどりみどり。ヨーロッパや日本とかの話だと、実は人間が呪われていたのですというオチじゃないと悲恋に終わるし。あと男性と動物の場合は動物の人間化が必須なのに、対女性の場合は結構原型でことに及んでいて、そのあたりの違いはどこから来るんだろうと思った。
『大きないも虫を夫にした女』エスキモー
いきなり大きな芋虫に巻き付かれて、嫁になれ!と言われるショッキングな始まりからスタートする話。そのわりにはみんな、しょうがないかあ、という感じでのんびりしている。顔が人間で体が芋虫の息子が生まれたりしてるのに。親も最初はびっくりだけれど、しょうがないかあとあきらめて婿からの贈り物をもらったりしてるし。最後は嫁が疾走する芋虫(夫)に乗って森へと帰ります。
『昆虫』エスキモー
もう一丁虫もの。異類婚じゃないけれど、人間の男より虫の方が親切という話。しかし、文化が違うせいなのか接続詞のつなぎがよく分からない。虫に皮膚をばりばり食べられたら、下から新しい皮が出てきて若々しくなった→なぜなら虫は親切だったからです。え?
『魚に恋した娘』パプワ・ニューギニア諸島
今回のマイベスト。わりとパターンに忠実ですが、なんか女の子と魚のやりとりが可愛かったので。内容だけ抜き出せば、種族の違いにより親に引き裂かれたふたりがやがて死という結末を迎える、というありきたりの純愛ストーリーなのに。「恋、恋はすてき わたしのフワンがいちばんすてき」と少女が歌っていると、恋人の魚が皮から顔を出しました。「調子はどうだい?」「元気よ」「マリア、愛してるよ」「わたしもよ」こんな感じ。

「『ユリシーズ』案内 丸谷才一・誤訳の研究」
北村富治 宝島社
 絶対あるだろうと思っていたらやっぱりあった、丸谷(さん達による)訳に対する指摘本。もちろん読んでみた。
 英語と訳の細かい対比を見ながら、ジョイスが1904年のダブリンに非常に忠実に描写していること、場面場面の細かい情景が一つの街として場所・時間の中で繋がっていること、言葉に蓄積されたイメージを上手く活用しながら過去の作品をパロディ化しつつ何重もの意味をかけていることが、改めてよく分かって面白かった。丸谷訳でも何となく感じ取れるんだけど、やっぱり訳す途中で理解されていなかったり、言葉のニュアンスの中で落ちてしまうものも大きいのかもしれない。
 よく分からないところをそのまま文字通りに訳しちゃった感じは、なんとなく昔の和訳の宿題を思い出して懐かしい気持ちになった。
 とりあえず、色んな研究成果を採り入れた新し(くて安)い版の訳が出るといいなあ。

「消しゴム」
アラン・ロブ=グリエ 世界新文学叢書
 フランスのヌーヴォー・ロマンの草分け的作品らしい。探偵小説のスタイルを採りながら、新しい文学の地平を開いているらしい。しかし読んでいる間中眠かった。が、何となく気になるので他の作品も読んでみよう。「反復」まではなんとか辿り着きたいところ。内容については、以下の作者による解説が一番分かりやすいと思う。
ここで問題になるのは、簡明で、具体的で、本質的な一事件。つまり、一人の男の死である。(中略)本書は正しく拳銃の一発と死との間に流れる二十四時間の、つまり、弾丸が三、四メートル走るのに要した時間の―<余分の>二十四時間の―物語であるからだ。


「宿命の交わる城」
イタロ・カルヴィーノ 河出文庫
 単なる象徴でしかない数十枚のタロットが生成する無限の物語について。

「藤原定家 美の構造」
吉田一 法政大学出版局
百人一首の編纂者にして、新古今和歌集随一の読み手について。書いてみたら長くなったので、後日に回すことに。

あとがき
読むのをあきらめていたレムの「ピクルス物語」がハヤカワ文庫で再版されてる!素晴らしい!!
* 2008/11/09(日) # [ 読書感想文 ] トラックバック:0 コメント:0

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: ←ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。