÷0  ジャンル雑多な読書感想文
2017.09 « .1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31» 2017.11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* --/--/--(--) # [ スポンサー広告 ]
良い経済学 悪い経済学
良い経済学 悪い経済学
ポール・クルーグマン 日本経済新聞社

 どこかでお勧めされていたので読んでみた。数式も難しい用語もないけれど、ミクロ・マクロ経済学の基礎知識があった方が読みやすいと思います。
 概要。世の中には影響力を持った知識人が「新興国の成長が先進国の雇用を脅かす」「経済でも、国と国との競争に負けてはならない」などとエセ経済学を振りかざしている。その一方で経済学者の言うことは、「経済予測もできないくせに」とまともに相手をされない。今、気鋭の学者クルーグマンが経済理論という剣を持って、これらエセ経済学に鉄槌を下す!
 センセーショナルに書き立ててみたが、だいたいこんな感じ。10年以上前に出版された本だし、アメリカの事情を語っているので、そのまま今の日本に置き換えて考えることはできないけれど、よく新聞に書いてあるようなことだからと言って必ずしも正しい訳じゃないんだなあ、と思った。現在なら「グローバリゼーションの弊害」とか。貿易を語る上で、リカードの「比較生産費説」くらいは知っておいた方がいい、とは私も思う。(経済学の教科書の『貿易』の項の一番最初に書いてある理論だから)
 こういう通俗理論が幅を利かせるのは、国内事情から目を背けさせるためだったり、面倒くさくて受けの悪い話を回避するためだったりするんだろうか。確かに、競争にかこつけて話せば、企業に勤める人にはわかりやすい(けれど間違っている)話になるんだろうけれど。
 社会を動かす巨大な『経済』という怪物に理論と知性でもって、なんとか説明を試みようとするのが経済学であるならば、せっかくなのでそれを利用しない手はない、ということで。
 一番面白かったのは、最後の章の『技術の復讐』 技術が向上し、生産効率が向上することは、雇用にどのように影響するのか?かつてSF作家が書いたように、全ての仕事はロボットに置き換えられ、人間の果たす役割はなくなるのか、それとも?経済学の立場から考える、ちょっと意外で、けれど常識的な回答とは。
 ついでに、この本ではアメリカの有名な知識人がめった切りにされているのだけれど、西欧の学者の批判の書き方は、持って回った言い回しが多くてイヤミくさい。が、それが面白い。
* 2008/08/27(水) # [ 読書感想文 ] トラックバック:0 コメント:0

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: ←ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。