÷0  ジャンル雑多な読書感想文
2017.05 « .1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30» 2017.07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* --/--/--(--) # [ スポンサー広告 ]
たったひとつの冴えたやりかた
たったひとつの冴えたやりかた
ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア ハヤカワ文庫

 3つの中篇からなる、SFでちょっといいはなし。全体的に質が高く面白かったので、同作者の「愛はさだめ、さだめは死」も読む予定。
「グッドナイト、スイートハーツ」
思い出に残る初恋の人と、若く美しい初恋の人のクローン。三角関係のもっとも楽な解決の仕方。
「衝突」
ファーストコンタクトの話。相互理解のあり方が、試行錯誤や失敗を繰り返しながらもやがて手を取り合うことができるという、気持ちよい希望を感じる筆致で書かれている。カンガルーに似た異星人であるジラがかわいい。言葉の壁や、良かれと思ってしたことが通じなかったり、自分たちを守るためにしたことが悪いように取られたり、まずはコンタクトを取るまでが一苦労。命までかけた真剣なやり取りで生まれる絆が、読んでいてここちよいカタルシスをくれる。異星人との異種恋もあるのが、個人的にはポイント高いです。
 と言いつつもファーストコンタクトものだと、どうしても「ソラリス」が思い浮かんで、それと比べてしまうとやっぱり。いつかソラリスを超える作品を読んでみたい。
「たったひとつの冴えたやりかた」
表題作で、一番面白かったと思う。16歳の誕生日にプレゼントされた宇宙船で、内緒で初めての単独宇宙旅行に旅だつ女の子コーディー。冷凍睡眠から目覚めてみると、彼女の頭にはすこし臆病でやさしいエイリアンのイーアがすみついていた。その種族は、そのころ起きた宇宙船トラブルと関係しているらしい。好奇心から、コーディーとイーアは探求に乗り出すが。
 せりふの訳がちょっとあれだけれど、賢くかわいらしい16歳の女の子であるコーディーが魅力的。最初のコーディーの一人称の文章から、彼女の肉声がテープとして記述される外部視点に切り替わることで生まれる緊迫感が、ページをめくらせる。彼女の冷静な判断力と暖かい友情の末に生まれるとても潔い結末は、表題もうまく使われていて、面白くて哀しいファースト・コンタクトの話。
「これがたったひとつの冴えたやりかた」
* 2008/06/27(金) # [ 読書感想文 ] トラックバック:0 コメント:0

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: ←ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。