÷0  ジャンル雑多な読書感想文
2017.07 « .1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31» 2017.09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* --/--/--(--) # [ スポンサー広告 ]
雪白姫
雪白姫
ドナルド・バーセルミ 白水Uブックス

 読書快楽主義者に捧げる一冊。原題は"Snow White"すなわち『白雪姫』。
 あらすじ。そんなのないよ。
 1から2ページぐらいの細かい断章(フラグメンツ)がひたすら続く。たまに意味不明の詩や商品の羅列、この作品に対するアンケートなんかも挟まる。雪白姫はうんざりしてるし、7人の小人は何もわからないし、王子様の役割はあるけどつまらないし。そして、アメリカという国もあるけど、どうなるわけでもない。
「雪白姫」とぼくらはいった。「どうしてきみはぼくらといっしょにいるんだい?ここにさ?この家にさ?」沈黙があった。それから彼女はいった。「きっとそれは、そうね、想像力の欠陥のせいだわ。あたし、もっといいこと想像できないんだもの。」あたし、もっといいこと想像できないんだもの。
 これほど『読め』としか言いようがない作品もめずらしい。文章を目で追っていくことでしか得られない快楽。話の筋もない。情感もない。行間もない。ひたすらに言葉の断片が散らばっているけれど、意味なんてほとんどない。たまに何かの符号のような言葉が出てくるけれど、メタファーのように他の言葉と響き合うことなく、全てがちぐはぐな方向を向いている。どこまでもこの作品の言葉は孤独で何も指し示さず、それゆえに完結している充足感。意味を孕まざるをえない言葉がここまで投げやりに放り出されて散らかり放題なのはなかなか見かけず、全体像の見えないブロック遊びをするようでとても楽しい。読者はやりたい放題だ。
 訳者は柳瀬尚紀だった。最後の解説というか寸劇は、最初読むと意味不明だけれど、本編を見た後に読むと、すごく面白い。
 よく分からないけれど、気持ちよかったので良かった。
「猿なら猿でいいじゃない。変哲もない猿よ。もう気にすることないったら。それだけのことじゃない。」「あなたって、いとも簡単にうっちゃってしまうのね、ジェイン。それ以上の意味があるにちがいありません。あれは異常です。何か意味があるんです。」「そんなことないったら、お母さん。それ以上の意味はないんです。わたしのいった意味以上は。」「きっとそれ以上の意味があるんです、ジェイン。」「ないったら、お母さん、それ以上の意味はないったらないの。あまりいろんなことにいろんなことをよみこむのはおやめになって、お母さん。そのまま放っておけばいいじゃない。それはそれだけのいみなんだから。それで満足しておくのよ、お母さん。」「確かにそれ以上の意味があります。」「ちがうったら、お母さん。」
* 2008/05/26(月) # [ 読書感想文 ] トラックバック:0 コメント:0

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: ←ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。