÷0  ジャンル雑多な読書感想文
2017.09 « .1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31» 2017.11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* --/--/--(--) # [ スポンサー広告 ]
世界は何回も消滅する
世界は何回も消滅する
アンソロジー 編・訳青山南 筑摩書房

 題名が素敵で借りてきてしまったアンソロジー。70年代から80年代にかけてのアメリカの短編小説が収められている。全体としては、スラップスティックだったり、わけが分からなかったり、たまにセンチメンタルだったり。エッセイもいくつか。ミラン・クンデラとかレイモンド・カーヴァーあたりまではなんとか知っているけれど、ほとんど知らない人ばかりでした。
 時代の背景とか、そのころのアメリカの状況とかはよく知らないのだが、色々と絶望的でろくでもないのだけれど、どこか底抜けに明るいタフな雰囲気が題名の通り全編に醸し出されていて、雰囲気としては嫌いじゃないと思う。あまり好みの作風でもないのだが。
 以下、気になった作品の雑感。
 「世界の消滅について」ミラン・クンデラとの対談
まだソ連崩壊前。いわゆる中欧は日本にとってマイナーだけれど、ヨーロッパ全体で見てみるとその役割は大きいのではないかなという話と、文学について。
 「まま娘クラブ」マックス・アップル
再婚した妻の連れ子が砲丸投げにはまる。繊細な完成の持ち主の主人公とばりばりのキャリアウーマンの妻、そして肉体を屈強に改造していく娘が、それぞれずれあいながらもなんとか家族をしていく話。
 「秘密の我が家」バリー・ハナ
双子小説。謎めいた美人。
 「死者を生かす物語」ティム・オブライエン
この短編集のなかで一番良かった。ベトナム戦争でのおびただしい死者、子どもの頃に愛した女の子、そして過去の自分、今はもうすでにいなくなってしまった者たちを、生きている者はどうすればよいのか。ある者は死を笑い軽んじることで、やり過ごそうとする。そして作者は物語を書くことで自分を救おうとする。書かれた死者、そして過去の自分は、あの存在していた彼らではないが、それゆえに永遠で、リアルである。
 「コーシャー・ボーイ」マックス・アップル
ユダヤ人の食習慣に関してのエッセイ。豚がだめなのは知っていたけれど、豚を切った包丁で切った他の肉もだめだとか、ミルクと牛肉を一緒に食べるととんでもないとか、他様々なよくわからない食習慣で、外で食べるのは大変だという苦労話。何でそんな習慣を守っているのかという作者の弁明もあって、理解はできなくとも、とりあえず知ってみるという感じで。他人の苦労話は、場外の立場で読んでいると面白い。
 「発射寸前」レナード・マイケルズ
この短編集の中で、一番素敵な脱力シーンがあった。隣の家までかけてやれ。高まる緊張感と押し寄せる人間の本能、そして訪れる開放感と、まったくどうでもよくなってしまった結末。

 作品に加えて、訳者の軽妙な解説も良かった。さらに、阿部真理子という人による、やけくそのようで洗練された勢いのある挿絵が随所にちりばめられているのだが、作品の雰囲気とマッチして、この短編集を寄り面白いものに仕上げている。              
 この短編集の題名の英語訳は、”World vanishes again and again” 訳者あとがきの通り、そうだよ、世界は何回も消滅するのだよ、幻滅などくそ食らえ。という気分になれるなかなか味のある短編集でした。
* 2007/10/31(水) # [ 読書感想文 ] トラックバック:0 コメント:0

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: ←ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。