÷0  ジャンル雑多な読書感想文
2017.05 « .1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30» 2017.07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* --/--/--(--) # [ スポンサー広告 ]
伝奇集
伝奇集
ホルヘ・ルイス・ボルヘス 岩波文庫

 短編集である「八岐の園」と「工匠集」を合わせたもので、ボルヘスの代表作。というか、どうしてボルヘスさんはこんなにもすばらしく読書のセンスが良いのだろう。そしてそれを端正で洗練された小説に変える手際の良さ。
 何となく小難しくて哲学的なことが書いてあるのだろうと、食わず嫌いだったのだが、短編なので読みやすいし、その上非常に面白い。全部で19編収められているが、ほとんどはずれが無く、面白いエッセンスが凝縮されてそれぞれの短編になっている。有名なバベルの図書館も出てくるし、とにかくボルヘスさんが本を読むことが好きなんだなあということが分かる一冊。読書家を自認するなら読むべし。

 以下、特に面白かった作品の覚え書き
『トレーン、ウクバール、オルビス・テルティウス』
存在しないウクバールに関する架空の本とその内容を巡る話。この話意外にも、この短編集には架空の本とその批評に関する話が多い。抽象的な話なので、感想は書きづらいのだけれど、まさに読書ってこういうことだと感じる話。過去を複製し、影響しあいながら変えていくフレニールや、期待によって出現したりするウルとかは一度現物を見てみたい。存在しないからこそ良いのだけれど。
『『ドン・キホーテ』の著者、ピエール・メナール』
なぜジョイスの「ユリシーズ」が面白いのかという解説。
『バビロニアのくじ』
まがい物の神様の話。公平を求めて自由を放棄した私たちの運命は、全ては意図的な偶然であり、そしてくじの講社の姿はもう見えない。
『バベルの図書館』
面白いのだが、感想は書きにくい。本の世界と世界の本。
『裏切り者と英雄のテーマ』
ロマンチックで素敵な処刑の行い方。
『死とコンパス』
ミステリ風。この手の過剰な意味づけネタだとやっぱり「薔薇の名前」を思い出す。あれだけやっといてそのオチか!と笑った気が。そういえば、薔薇の名前に出てくる迷宮図書館の館長の名前もホルヘなんだが、やっぱりボルヘスさんからとっているのだろうか。
『隠れた奇跡』
ドイツ軍に処刑される寸前のヤロミール・フラディークに起こった奇跡。不条理劇に近い(未完の?)作中劇「仇敵たち」も見てみたい。
* 2007/07/27(金) # [ 読書感想文 ] トラックバック:0 コメント:0

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: ←ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。