÷0  ジャンル雑多な読書感想文
2017.05 « .1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30» 2017.07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* --/--/--(--) # [ スポンサー広告 ]
人獣怪婚
人獣怪婚
七北数人(編集) ちくま文庫

 ちくま文庫のアンソロジー「猟奇文学館」の第2弾目。他のラインナップが「監禁淫楽」と「人肉嗜食」ということからも分かるように、エログロ短編集。現代小説で異類婚姻譚物はなかなか見つけにくいので、けっこう貴重。有名どころだと澁澤龍彦や、皆川博子、阿刀田高・中勘助(『銀の匙』の人)といったちょっと古めの作家や、よく知らない怪奇小説家による12編が収められている。
 一口に異類婚姻譚といっても幅は広く、それこそ獣姦そのままといったものから異種間コミュニケーションをテーマとした物、形式も民話調のものからショートショートまで多彩に楽しめる。幻想的な話もいくつか。が、いまいち好みに合うものが少なかった。エロティシズムを基調としたものではなく、コミュニケーションを基調としたものが読みたかったからかもしれない。ただでさえ探しにくいジャンルなのに、ストライクゾーンが狭くて困る。やっぱりSFかファンタジーに向かうべきか?
 以下、気の向いた話の寸評(括弧内は相手の動物)
 阿刀田高『透明魚』(魚)
すぐオチの見えるショートショートはいただけません。
 眉村卓『わがパキーネ』(異星人)
この本の中では珍しく異星人の女性が相手。醜い異星人と身勝手な地球人の恋愛はいかにして実るのか。
 宇野晃一朗『心中狸』(狸)
田舎のじいさんが語る滑稽な狸の恋愛譚。失笑を誘うようで哀れな最後が良い。とりあえず、狸が恋情を抱いた姫君の尻の描写が圧巻。
 勝目梓『青い鳥のエレジー』(インコ)
前半の主人公の青年と青いインコとのエロチックかつ脱力気味の友情で終わっていればもう少し面白かったかも。後半は、女性の悲劇によって妙に説明くさくなってしまったような気がする。説明が付きすぎると、異類婚(?)の面白さである「何だかよく分からない」という部分が無くなってしまうと思う。
 皆川博子『獣舎のスキャット』(豚)
このアンソロジーの中では一番力強さが感じられた作品。近親相姦をベースとして、姉の弟への偏執的で鬱屈した愛情に重なるように、盗聴や謀略といった演出によって緊張感が高まっていく。そして唐突な全く容赦のないラストが衝撃的。この話が面白かったのは、おそらく「獣姦」というツールが一番上手く、かつ効果的に使われているからだろう。

 異類婚姻譚つながりでは、和洋の民話を比較することによって、自然と人間の関係を探る「昔話のコスモロジー」(講談社現代新書 世界各国の異類婚姻譚を系統立てて紹介してくれる)とかSF風味な漫画短編集「千の王国百の城」(清川なつの 人と人間並みの知能を持ったゴリラの話)がおすすめ。
* 2007/06/29(金) # [ 読書感想文 ] トラックバック:0 コメント:0

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: ←ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。