÷0  ジャンル雑多な読書感想文
2010.06 « .1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31» 2010.08
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* --/--/--(--) # [ スポンサー広告 ]
ミスティックリバー
ミスティックリバー
クリント・イーストウッド監督

 あまりにも取り返しの付かない人生たちと愛と正義について。
 あらすじ。幼馴染のジミーとショーンとデイヴが路上で悪戯をして遊んでいると、警官風の男がやって来て、デイヴを車に乗せる。監禁と暴行の悪夢の4日間の後、デイヴは帰宅する。そして25年後、ジミーは雑貨店主、ショーンは警官、デイヴは労働者となり、彼らは知り合い程度の関係でそれぞれの人生を生きている。ある日、ジミーの娘が惨殺され、ショーンが取り調べに当たる。そして容疑者としてデイヴが浮かび上がってくるが。
 最初からラストまで暗い緊張感が漂う作り。一人だけ『車に乗ってしまった』ことで悲劇の当事者となってしまったデイヴと、あとの二人の「自分でなくて良かった」という引け目がこのサスペンス全体に陰鬱な陰影を与えて、興味を引っ張ります。登場人物のさまざまな選択が、因果関係は不明でありながら確かに現在に影響を積み重ね、人生に対しての重み(こう書くと軽いけれど)の重苦しさを否応なく伝えてくるのは、さすがイーストウッドとしか。
 圧倒的な後味の悪さと納得のできない感じは、狙って作られているとはわかっていてもやっぱりやり切れないです。尊ぶべき愛と正義が執行されたことで、これほどどうしようもない気持ちになる映画はなかなか見あたりません。洗い清められることのない罪と、消えることのない悲しみや傷が、表面上穏やかな水面の川に沈められ、すべて明らかになることは決してないままに流れていきます。
 原作は小説で、レビューを見る限り、丁寧な心理描写と饒舌なまでの背景描写で読ませるつくりらしいけれど、映画のほうはイーストウッドらしく言葉は寡黙で行動で語らせるいつもの感じ。小説の根底にはアメリカの格差社会がもたらす逃れようのない轍がありそうだけれど、映画のほうではさらに普遍的な人生そのものの不条理を感じさせる仕上がり(だと思う)。
 最後の投げっぱなしのようなパレードのシーンにカタルシスは一切なく、だからこそより悲壮であるしかない人生が浮き上がってきます。それまでの苦悩や不幸に見合った幸せが訪れることもなく、悲しみに途方にくれたままのデイヴの妻とパレードの車に乗った息子がほんとうにやるせない。人生に釣り合いなど取れるはずのないなんて分かり切ったことが、どうしようもなく悲しい。
 うろ覚えだけれど、ラストのパレードのシーンでこんな台詞があって、そうであればどんなにか救われるのだろう。
 あのままみんな車に乗っていて、それですべてが夢であれば良かったのに。

 ついでにアメリカ映画といったらそれはアメリカを描いていることでもあるので、その視点で見ると、この普遍的な人生を描いた映画は、アメリカが直面する問題を描いた映画でもある。
 「愛のために行われることはすべて正しい。ほかの人は弱いが、あなたはこの街の王」というジミーの妻の台詞はそのままイラク戦争への意見に繋がっている。
 兄を愛するがゆえにおこなわれた殺人。犯人の父を過去に殺していた罪。復讐のための正義。誤解に過ぎない大儀。愛という正当化による正義の執行こそが、さらなる愛のための復讐を生み出す連鎖。
 人々の人生は錯綜し、誰かの愛と正義は、誰かの憎悪と復讐へと繋がっていく。突如として理由もなくおそってくる暴力に弱者はなす術もなく飲み込まれ、そしてそれが誤解であったとしても取り返しなどつかない。だからこの映画には、行き場のない悲しみが全編を覆っている。
 そしてたったひとつ、この映画での救いでもあるショーンと妻との和解のきっかけが「僕も悪かった」という言葉であることも。
スポンサーサイト
* 2010/07/27(火) # [ 映画感想文 ] トラックバック:0 コメント:0
20世紀SF① 星ねずみ
20世紀SF①星ねずみ 1940年代
アンソロジー 河出書房文庫

 SFの古典・名作を読みたくなったものの、どれから読めば分からなかったので、お手軽に年代ごとからの短編アンソロジーを。ただし英米もの限定。
 見果てぬ夢と挫折の予感。全体的に40年代と言うことで、科学はまだその限界を知らず、けれどどこかですでに左折することを知っているような、そんな印象を受けました。SFといっても、とくに作品自体が論理的・合理的と言うわけではなくて、怪奇小説や冒険小説にロケットや異性人などのSFガジェットを持ってきただけの作品も多いので、SF読まず嫌いの人でも読みやすそうな感じ。短編集と言うことで、長編SFにありがちな興味のない人にはどうでも良い長ったらしい世界観の説明(しかも本筋にあんまり関係がなくて腹が立つ!)もないので、初心者には嬉しい。
 しかし、SFを読んでいると妙にロマンチックな気分になるのはなぜなんでしょう?
 以下、面白かったものの雑感
○フレドリック・ブラウン「星ねずみ」
 ミッキーマウスがスターマウスに進化する!という話。「真っしろな嘘」や「さあ、気ちがいになりなさい」を読んだ時も思ったけれど、少し意地の悪い気分でにやにやしながら読むのが正しいと思う。皮肉な語り口とこぎ見よい展開と、いかにもアメリカ短編小説な妙味がいいです。
○アイザック・アシモフ「AL76号失踪す」
 アシモフ博士の書くロボットはどうしてこんなに可愛いのだろう!さすがロボット三原則を生み出しただけはあります。人間とは違う行動原理により、どこまでも与えられた命令に忠実で健気で、それゆえに時に悪意を持たずに残酷。そもそもロボットが人間になりたかったり、感情を持ちたいなんて、きわめて人間至上主義的なつまらないこと思うわけないじゃない。ロボットがあくまでロボットでしかない、そんな愛すべき存在を読めただけで大変に満足でした。
○レイ・ブラッドベリ「万華鏡」
 はかりしれないセンチメンタル。『科学』という途方もない力を手に入れながら、けれどどうしようもなく無力であり、取り返しのつかない人生は苦く、後悔ばかりが残る。だからこそ、想像力による色彩豊かなほんの一瞬の救いのようなものがとても美しい。特に合理的でも科学的でもないけれど、「科学のある世界」に結びついているからこそ描き出せる、儚く綺麗な世界が魅力的。
○ロバート・A・ハインライン「鎮魂歌」
 あふれたぎる力強いアメリカンロマン。大いなる西部、開拓されるべき地としての宇宙。そして、追いかけてやまないアメリカンドリーム。ベタもいいところの展開ですが、やっぱりこういうのはたまりません。「夏への扉」など、この人の作品を好きな人が多く、影響力が大きいのも納得の短編。
○ウィリアム・テン「生きている家」
 家と人の異種恋が見れると思ったのに、がっかりだよ!
○セオドア・スタージョン「昨日は月曜日だった」
 あらすじ。自動車修理工のハリー・ライトは月曜日の仕事を終えて寝る。目を覚ますと、水曜日だった。火曜日があった記憶はない。外に出ると、見知らぬ小人たちが舞台装置のように景色を建て替えている。昨日は月曜日だったのか?ハリー・ライトは無事火曜日へと帰れるのか?
 奇想SFの見本のような短編。不思議で突拍子もない仕掛けだけれど、今・ここの現実と矛盾せず、どこかでありうるのかもしれない可能性を思わせる愉快な世界。科学的というより、論理的な世界観が楽しい。最後のひねりの利いた結末で読後感もすっきり。
○チャールズ・L・ハーネス「現実創造」
 理性主義が誇大化して極限まで辿り着くとこの結末になるのはいつものことですよねえ。人間が観察しなければこの世界は存在しないという人間定理は、わりとしょうもない感じ。ちなみに話の核である原子崩壊の話は、無粋だけれど今の視点から見ると量子力学的に間違っている気がします。この手の話はイーガンの「万物理論」を読んだ時も思ったけれど、キリスト教的世界観を共有していないと、ばかばかしい感じがするのは否めない。
* 2010/07/11(日) # [ 読書感想文 ] トラックバック:0 コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。