÷0  ジャンル雑多な読書感想文
2009.02 « .1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31» 2009.04
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* --/--/--(--) # [ スポンサー広告 ]
未来世紀ブラジル
未来世紀ブラジル
テリー・ギリアム監督

 モンティ・パイソンつながりで。DVDパッケージイラストの背景になっている一面の書類棚は、「ミーニング・オブ・ライフ」のギリアム製作アニメでも出てきてたなあ。「フライング・サーカス」などのスケッチと演出に共通するところがあるので、とりあえずたくさん出てくる爆発シーンと人が死ぬシーンは反射的に笑ってしまう。いつもの不条理・爆発オチなんだもの。
 ちなみにモンティ・パイソンは有名なブリティッシュコメディアングループだけれど、ギリアム監督はアメリカ人です。あしからず。
 あらすじ。どこかの国民管理が徹底した仮想国にて。一匹のハエによって、コンピュータ情報が一文字間違う。その結果善良な靴職人がテロリストと誤認逮捕、処刑される。その後始末のために、情報局職員サムが未亡人を訪れる。彼のよく見る夢は、自分に翼が生えて天使と共に飛んでいく夢だった。事件を処理していくなかで、その天使にそっくりの女性と会い、彼女と親しくなろうとするが…。
 SFでは結構おなじみ『超管理・情報社会下での人間疎外への反抗』というテーマだけれど、この映画ではむしろその演出や見せ方が楽しい。ヒーローと天使とモンスター達が集う夢のシーンや各種凝りに凝ったレトロチックな未来の小道具達、そのどれもがデジタル処理やアニメでは表しにくい、確かな重みを感じさせてくれる。そして筋が通っているようで、そのくせ悪い冗談のようなシーンの数々。テロや誤認逮捕など何が起ころうともとりあえず署名をしてしまう人々や、情報満載の紙に巻かれて消えてしまう人物、美容整形の果てに酸に溶けて肉塊となり果てる老女。あらゆるところに張り巡らされ、まるで生きているかのように蠢くダクトの束。
 というわけで、ごってりとイメージの奔流を楽しみましょう。
 映画の題名にもなっていて、全編通じて流れているいる「ブラジル」というサンバの明るい音楽が楽しくて、何でこの音楽が選ばれたかというと、実際のブラジルは楽園とかけ離れているのにこの音楽は理想郷のようないい感じの曲だからだそうです。というわけでこの映画は楽しいなあ。でも後味は(良い意味で)最悪です。

以下、ネタバレ
スポンサーサイト
* 2009/03/20(金) # [ 映画感想文 ] トラックバック:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。