÷0  ジャンル雑多な読書感想文
2006.05 « .1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30» 2006.07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* --/--/--(--) # [ スポンサー広告 ]
キャッチ=22
キャッチ=22
ジョーゼフ・ヘラー ハヤカワ文庫

 不条理文学第2弾。狂った構成と狂った登場人物達でかたられる戦争小説。
 あらすじ。第二次大戦末期、アメリカ軍所属のヨッサリアンは責任出撃回数を終えようとしていた。しかし、その度に責任出撃回数は増え、彼は本国に帰還することが出来ない。仮病や精神異常を装うことで、出撃を避けようとするが、「精神に異常を来した者は申し出れば、本国に送還される」「申し出る者はそれだけの分別があるので、出撃しなければいけない」といった不文律の規則キャッチ=22のせいで、ヨッサリアンは出撃し続けなければいけない。
 ちなみに、キャッチとはひっかかってしまう「落とし穴」のような意。
 多彩に狂っている登場人物達がおかしい。誰かに襲われるという強迫観念に囚われたヨッサリアンを始め、自分は肺炎で死ぬと確信している(戦場なのに)ホワイト・ハルフォート酋長、食堂係将校にしてシンジケートの親玉にして資本家の黒幕マイローや、団体行進に命をかけるシャイスコプフ中尉。一番不気味なのは白痴的なアーフィーで、一押しは気まぐれな父親が付けた名前のせいでついには消滅してしまうメイジャー・メイジャー少佐(メイジャー)。
 構成もぐしゃぐしゃにかき回された細かな断片で出来ているような作り。思いだしたところからエピソードが語られ、中途半端なままで次のエピソードに飛び、よく見てみると前に出てきた話に触れていたり、注意深く読んでいかないと、すぐ混乱してしまう。時空間の感覚が狂った世界は、戦争の中で混乱している精神状態そのままを表しているらしい。
 と言うわけで、読んでいると楽しい。狂った登場人物達の、奇妙な会話も大変好みでした。合理的なようで自家撞着に陥って、どうにもならなくなっている様が現代資本主義の矛盾を風刺しているとのこと。脱出しようとした時に、救命胴衣の代わりに自国企業の宣伝ビラが入っているシーンは笑ってしまうほど泣ける。正にこの世はスラップスティック的。
 戦争と個人という、両立し得ない二つのものに挟まれて、忘れてはいけないはずのものを見失って、気違い呼ばわりされても、それでも最後に人間の秘密を思いだして、飛び立つラストシーンは爽快。
 たとえそれだけでは、根本的解決に至らないとしても。


(以下ネタバレ)
スポンサーサイト
* 2006/06/17(土) # [ 読書感想文 ] トラックバック:0 コメント:0
ゴドーを待ちながら
ゴドーを待ちながら
サミュエル・ベケット 白水社

 ノーベル賞作家の戯曲。戯曲なんて見たこと無いのに。ちなみに、ジョイスの影響を受けているそうです。
 あらすじ。浮浪者のヴラジミール(ディディ)とエストラゴン(ゴゴ)はゴドーを待っている。そこにポッツォとラッキーが通りかかる。そしてやがて去る。ディディとゴゴは首を吊らず、ゴドーも来ないまま夜が来てしまうが、二人は立ち去らない。以下くり返し。
 あらすじだけでは意味不明だけれど、本当にこれだけの話。今何時なのか、第二幕は第一幕の翌日なのか、ゴドーの使いは兄なのか弟なのか、色んな事というか全てが不確定のまま終わってしまう。キリスト教的背景がかなり濃く出ているけれど、まあ何とか通じる程度で。ちなみにゴドーは、神様かもしれない何か(そもそも存在しないかもしれない)。そんななにともしれないゴドーを、二人はずっと待っている。
 演じることなんてない、という台詞から始まるとおり、何とか上演時間の2時間を潰そうと二人が四苦八苦するのは、素直に面白い。意味のない会話はほとんどかみ合わないうえに、登場人物の行動はほとんどナンセンス。ラッキーとポッツォの関係が神と人間の戯画?のような関係は示唆的だし、ラッキーの崩壊していく長広舌も見ているだけで楽しい。テニスにもかかわらず、石、かくも青くも、頭蓋骨頭蓋骨頭蓋骨。
 わたし自身の感想も書きたいことがまとまらないままナンセンスになってしまったけれど、とりあえず面白いと作品だったのでよかった。
 ゴドーはきっとずっと来ないだろうし、二人はきっと首を吊ろうと言いながら吊らないんだろう。

 最後に、例の如く好きな場面から。
エストラゴン 眠ってた。どうして眠らしといてくれないんだ、いつも?
ヴラジミール 寂しくなったんだ。
エストラゴン 夢を見たよ。
ヴラジミール よしてくれ、夢の話は!
エストラゴン その夢というのが・・・
ヴラジミール よしてくれと言ってるじゃないか!
エストラゴン (この宇宙を指して)この夢だけでじゅうぶんだって言うのか?
* 2006/06/02(金) # [ 読書感想文 ] トラックバック:0 コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。