÷0  ジャンル雑多な読書感想文
2017.09 « .1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31» 2017.11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* --/--/--(--) # [ スポンサー広告 ]
ミスティックリバー
ミスティックリバー
クリント・イーストウッド監督

 あまりにも取り返しの付かない人生たちと愛と正義について。
 あらすじ。幼馴染のジミーとショーンとデイヴが路上で悪戯をして遊んでいると、警官風の男がやって来て、デイヴを車に乗せる。監禁と暴行の悪夢の4日間の後、デイヴは帰宅する。そして25年後、ジミーは雑貨店主、ショーンは警官、デイヴは労働者となり、彼らは知り合い程度の関係でそれぞれの人生を生きている。ある日、ジミーの娘が惨殺され、ショーンが取り調べに当たる。そして容疑者としてデイヴが浮かび上がってくるが。
 最初からラストまで暗い緊張感が漂う作り。一人だけ『車に乗ってしまった』ことで悲劇の当事者となってしまったデイヴと、あとの二人の「自分でなくて良かった」という引け目がこのサスペンス全体に陰鬱な陰影を与えて、興味を引っ張ります。登場人物のさまざまな選択が、因果関係は不明でありながら確かに現在に影響を積み重ね、人生に対しての重み(こう書くと軽いけれど)の重苦しさを否応なく伝えてくるのは、さすがイーストウッドとしか。
 圧倒的な後味の悪さと納得のできない感じは、狙って作られているとはわかっていてもやっぱりやり切れないです。尊ぶべき愛と正義が執行されたことで、これほどどうしようもない気持ちになる映画はなかなか見あたりません。洗い清められることのない罪と、消えることのない悲しみや傷が、表面上穏やかな水面の川に沈められ、すべて明らかになることは決してないままに流れていきます。
 原作は小説で、レビューを見る限り、丁寧な心理描写と饒舌なまでの背景描写で読ませるつくりらしいけれど、映画のほうはイーストウッドらしく言葉は寡黙で行動で語らせるいつもの感じ。小説の根底にはアメリカの格差社会がもたらす逃れようのない轍がありそうだけれど、映画のほうではさらに普遍的な人生そのものの不条理を感じさせる仕上がり(だと思う)。
 最後の投げっぱなしのようなパレードのシーンにカタルシスは一切なく、だからこそより悲壮であるしかない人生が浮き上がってきます。それまでの苦悩や不幸に見合った幸せが訪れることもなく、悲しみに途方にくれたままのデイヴの妻とパレードの車に乗った息子がほんとうにやるせない。人生に釣り合いなど取れるはずのないなんて分かり切ったことが、どうしようもなく悲しい。
 うろ覚えだけれど、ラストのパレードのシーンでこんな台詞があって、そうであればどんなにか救われるのだろう。
 あのままみんな車に乗っていて、それですべてが夢であれば良かったのに。

 ついでにアメリカ映画といったらそれはアメリカを描いていることでもあるので、その視点で見ると、この普遍的な人生を描いた映画は、アメリカが直面する問題を描いた映画でもある。
 「愛のために行われることはすべて正しい。ほかの人は弱いが、あなたはこの街の王」というジミーの妻の台詞はそのままイラク戦争への意見に繋がっている。
 兄を愛するがゆえにおこなわれた殺人。犯人の父を過去に殺していた罪。復讐のための正義。誤解に過ぎない大儀。愛という正当化による正義の執行こそが、さらなる愛のための復讐を生み出す連鎖。
 人々の人生は錯綜し、誰かの愛と正義は、誰かの憎悪と復讐へと繋がっていく。突如として理由もなくおそってくる暴力に弱者はなす術もなく飲み込まれ、そしてそれが誤解であったとしても取り返しなどつかない。だからこの映画には、行き場のない悲しみが全編を覆っている。
 そしてたったひとつ、この映画での救いでもあるショーンと妻との和解のきっかけが「僕も悪かった」という言葉であることも。
スポンサーサイト
* 2010/07/27(火) # [ 映画感想文 ] トラックバック:0 コメント:0
つらつらビートルズ映画
例のごとく気力がないため不定期更新ですが、気の向いた時に気の向いたものを書けたら。
というわけで、今回はビートルズ映画2本です。
話題のリマスター盤も出たことですし。ブリティッシュなシュール感がスタイリッシュ!

Help!
リチャード・レスター監督
 映画2作目。アメリカに凱旋して世界的アイドルになった彼らを巻き込む騒動について。
 あらすじ。バハマ国の生贄の儀式に必要な指輪がなぜかリンゴの指に収まっていた。儀式を執り行うために、神官達は生贄としてリンゴをつけねらう。謎の美女が助けてくれたり、指輪の秘められたエネルギーを狙う科学者に追われたりで、ビートルズのメンバーはアメリカへと渡るのだが。
 全編ひたすらゆるくてシュール。でもなぜか楽しい。野原での「Ticket to ride」ライブは、風景の切り取り方とけだるさがマッチしていて、非常に好みな感じでした。
 映画1作目でどこまでも走り出していけそうな彼らがたどりついたのがここなのかと思うと、ちょっと物悲しいです。指輪を取り巻くほとんどナンセンスな大騒ぎはおそらく現実のビートルズの周りの騒動の暗喩でもあるのだろうけれど、ラストみたいに指輪なんか適当に放りだして楽しく騒いでいれたら、また違ったビートルズが見られたのかなあと以降の経緯を知る一視聴者として思いました。
 まとめ。変人博士と駄目助手のコンビが非常にキュート。


A Hard Day's Night
リチャード・レスター監督
 映画1作目。初期ビートルズの歌のイメージや勢いをそのまま映画にしたような感じで、すごく楽しい。リンゴ可愛い。非常に好みで良かったです。邦題はかの水野御大が付けられた「ビートルズがやって来る、ヤァ!ヤァ!ヤァ!」
 あらすじ。冒頭、ファンの女の子達に追いかけられ、辛くも列車に乗り込んで逃げることの出来たメンバー達。列車にはなぜかポールの祖父がいて、わがままな彼のお守りをするはめに。なんやかんやでライブをしたり、ふざけ合ったりしているうちに、リンゴが突然いなくなってしまう。
 生意気なガキどもという立ち位置。アイドルという虚像。メンバー内のコンプレックス。そんな彼らを取り巻く環境が、さりげなくユーモアと共に投影され、ちょっとした解決をみるまで。
 シンプルな歌詞とシニカルな態度の下にあるさらりとしたセンチメンタルさが、そのまま映画になってます。大人から、業界から、ファンから、常識から、ありとあらゆるものから、走って逃げて飛んでいってアメリカまでGO!
 ラストの長尺のライブ映像は、有名なエド・サリバンショーから。
 とりあえず、このオープニング映像が素敵。
* 2010/03/14(日) # [ 映画感想文 ] トラックバック:0
野獣死すべし
野獣死すべし
村川透監督

 テレビで放送していたので何となく見てしまった。松田勇作主演版。原作小説はハードボイルドだけど、この映画はノワールっぽいクライムもの。
 あらすじ。警察官を刺殺し銃を奪い、カジノで強盗殺人事件が起きる。その犯人はヴェトナムなど数々の戦場で地獄のような情景を撮り続けてきた元ジャーナリストの伊達であった。更に銀行強盗を計画する彼は、レストランでウェイターとして働く青年、真田と出会う。二人は正反対の性格ながらどこか通じ合うものを感じ、以後行動を共にするようになる。
 なんとなく「タクシードライバー」を思い出させるような筋ですが、クラッシック音楽の使い方とか、差し挟まれる(あまりにも)意味ありげな戦場写真など、若干野暮ったく思われるものの、そこもまあ憎めない感じではあります。
 やっぱり松田勇作の死んだような目が、この映画の一番の吸引力でしょうか。角川映画ということで溢れ出すトンデモ感も、誇大妄想のような狂気と相まって引き寄せられます。怒りを留めてはいられない真田の鬱屈の原因やヴェトナム戦争など、どこかに透けて見えるアメリカへの怨み節もアレな感じで、全体的にはかなり満足でした。
 理由なき犯罪たちは、彼が戦場で見たどんな残虐な現実もあり得るのだという無秩序そのものの世界と、現代日本の秩序だった誰もが平和に暮らしていられる日常世界と、その二つのあまりにもの落差に穴を開けるための凶行なのかなあと思いました。そんな彼が、『秩序』そのものとも言える西洋起源のクラッシック音楽だけを淫しているといえるほど愛しているのも、また矛盾していて、そこに危うい魅力があります。
 真田に恋人を殺させ、狂った演説を施し、それでも思い切れない真田へ銃を放って自分に向けさせ、野獣へと仕立て上げた瞬間の二人の関係は、大げさな演出と相まって最高にエロくて素敵(それまでのいまいち噛み合わない会話とかも含めて。それに昔から銃というのは性器のメタファーなんだし)
 白い服着てクロスのアクセサリーをかけてた小林麻美は、特に目もくれられずにあっさり死ぬところが良かったです。こういう映画では、きれいな女の人はやはりこうでなくては。
 案の定殺されちゃった銃の密売人のシーンや、心臓に悪すぎるリップ・ヴァン・ウィンクルのシーケンスも秀逸。
 と、終盤までの流れが緊張感がみなぎって面白い分だけ、列車で狂気を爆発させてからラストの間までのシーンはよそでもちらほら見かけるように、ちょっと投げやりすぎだと思いました。(もしかするとこのあたりから幻覚にあたるシーンなのかもしれませんが)
 一旦夢オチかと思わせて、現実なのか幻覚なのか曖昧なラストはなかなか良かったです。リップ・ヴァン・ウィンクルのお酒は、ここでも効いてくるんですね。
「そう・・・『これで終わり』って酒だ!」
* 2010/01/24(日) # [ 映画感想文 ] トラックバック:0
スタンドバイミー
スタンドバイミー
ロブ・ライナー監督

 少年たちの世界と、大人と、『死』を探しに行く話。
 あらすじ。ガキ大将のクリスと内気なゴーディと無鉄砲なテディと太っちょのバーンは、性格はばらばらだがいつも一緒につるんで遊んでいる。ミドルスクールに行く直前、12の夏休みのある日、ひょんなことからバーンは線路の先に少年の死体があることを聞く。4人は死体を見つけて有名になるために、小旅行に出かける。
 狭くて小さくて無力だからこそ、とても濃密な子供たちの世界が淡々とノスタルジックに描かれている。恋も酒も過度の暴力もないそれはほとんど少年たちだけで完結してしまいそうな感じ。
 とりあえず年相応にバカをやっている4人が可愛らしいので、それで良し。悪態を付き合っていても、テディはバーンの暢気さに、バーンはテディの無茶な勇気に、ゴーディはクリスの頼りがいに、クリスはゴーディの繊細さや想像力に、それぞれ救われるところがあったんだろうと容易に思われるところが切ないです。
 さて、全編にわたって感じられるのが『死』の気配。死体を探すのはもちろんだけれど、テディは汽車に轢かれかけるし、不良青年たちは死んでもおかしくないような自動車レースをするし、主人公のゴーディのまわりには優秀な兄の死がいつでもついてくる。無力な少年たちのまわりには、いつも理不尽な世界がある。
 ゴーディの兄は何の理由もないのに死んでしまい、テディは虐待を受けた精神を病んでしまった父親をあんなにも愛し、クリスは本人がどんなに頑張ってもろくでなしの家の子だと見られてしまう。青年たちもやっぱり無力で、彼らなりのやり方で自分たちを取り囲む理不尽なものに向かい合おうとしている。そんなどうにもできない理不尽なものを象徴しているのが、探しにいく突然事故死してしまった『死体』である。
 ラスト、自分の生い立ちあれこれになんとか負けずに弁護士になったクリスは、結局理不尽な『死』に呑みこまれてしまう。主人公にはもうあの頃と同じ12くらいになる息子たちがいて、もういない友達へのstand by meの哀切な訴えが響いて終わる。
 終盤の死体の取り合いのシーンでそんな理不尽な暴力を振り払うための、すなわち大人になるための第一歩のための一撃が、一発の銃声によるところがなんともいえずアメリカっぽいなあと思いました。

 こうまとめてしまうとアメリカ短編小説的なまとまりの良さが目立つけれど、あの頃の音楽に囲まれて、懐かしい景色や風景のなかで、実物の少年たちがあれこれ動き思い悩んでいる図は贅沢で素敵なので、そういうのが好きな方は是非。
* 2010/01/11(月) # [ 映画感想文 ] トラックバック:0
夏の西部劇フェア
 BSで西部劇特集をしていたので。
 響く銃声、男と女、友情、生と死、家族の繋がりとアウトサイダーの孤独、暴力による無秩序と法の秩序のせめぎ合い。
 色んなエンターテイメント要素が詰まったアメリカ映画の古典。マカロニウェスタンは逆輸入だけれど。
とりあえず楽しいから良し。

荒野の決闘
 有名なタイトルだけれど、どちらかというと銃撃戦より人物達のドラマがメイン。
 他の作品と違って、一発の銃声が非常に重い。ムダ撃ちがほとんどないぶん色々と凝縮されている。語らない分だけ銃声の説得力が増し、命の比重が増し、友情や恋の重みが増していくのだけれど、その重みは決して鬱陶しいわけではない。
 優しく郷愁を誘うような主題歌「いとしのクレメンタイン」も、一歩間違えればクサくなってしまうのだけれど、この映画にはその古くささがよいです。
 http://www.youtube.com/watch?v=CQ5SAN9p8gU
 あと、画面にすごく奥行きが感じられて面白かった。西部の岩と砂の広大な景色と、酒場の雑然とした背景のどちらにも、遠近感がたっぷり。


荒野の七人
 音楽が壮大で楽しげ。黒沢の『七人の侍』と較べると、貧しさのもたらす強固な湿っぽさが抜けていて何となく物足りないけれど、単体で見ればそれなりに。
 『七人の侍』で死ぬはずのひとが死んでいなかったり、またその逆だったり結構どきどきして見れました。なんやかんや言って、やっぱり登場人物のキャラクターは魅力的だし。大男と子供達のグループが可愛い。金にしか頭にない山師のラストもすごくいいし、亡霊に苛まれる凄腕賞金稼ぎも素敵。そしてナイフ投げガンマン格好いい!
 


荒野の用心棒
 イーストウッド主演マカロニウェスタンの有名作。西部な感じが全然しない、イタリアの丘と白塗りの簡素な家の周りで巻き起こる、魅力的な暴力によるショウ。
 正義や愛情から徹底的に引き離されて、ただ過剰に画面から満ちあふれてくる銃声や人を殴る鈍い音、虐殺の音が痛々しい。暴力には大儀がすでにないからこそ、どこまでも膨らんでいって、それ自体が目的のような印象。
 そういえば本家『用心棒』のほうもはじめて血飛沫をリアルに表現しようとした暴力描写が話題になったんでしたっけ。
 主人公の行動倫理ははっきりしないけれど、過去の恋人への悔いや、酒場の親父との友情など、ほんの少しだけ滲むような情のあり方が、描かれ方は全く違うけれど本家の『用心棒』にもどこか通じるようで面白かった。どっちもいいなあ。
 オープニングのアニメも楽しいので貼っておきます。内容も結構このアニメのまんまです。音楽も格好いいよ。


シェーン
 画面を見るだけでひしひしと伝わってくる、溢れんばかりの風景とそこに登場する動物たちへの愛情!
 ちょこちょこと登場する鹿や犬や馬が可愛すぎます。そして包み込んでくれるような水と緑溢れる自然にのびのびできます。 
 こんな感じ。
 ストーリーのあらすじ。流れ者のガンマンであるシェーンは、悪徳カウボーイであるライカー一味がのさばる地域にやってくる。そこで自分たちの農場を築こうとする開拓農民のリーダー、スターレットと彼の家族に出会う。シェーンは農場でともに働き、シェーンに憧れる息子を中心に、スターレットやその妻と交流を深める。しかし、ライカー一味の嫌がらせが続くなかで、ついに農民の一人が殺害される…。
 シェーンはスターレットの奥さんに惹かれていたというより、決して自分には手には入れないスターレット一家の家族の絆に惹かれていたように思えました。強くてもはぐれものであるシェーンとスターレット一家の暖かい交流は、ベタですがやっぱり素敵でした。
 ラストシーンの家族の絆に惹かれつつも、銃を手にして去っていくシェーンは格好いいなあ。決闘シーンの犬も非常にかわいいし。というかシェーン死亡説ってなにそれ、かわいそすぎる。
 日本語あらすじはこの動画が分かりやすいです。http://www.youtube.com/watch?v=Qvga6EKqxUA


ワーロック
 『西部劇』で理想の格好良い男を集めてみました、という感じ。街の平和と、男と女、男同士の愛憎が絡まり合って、緊張感が画面にみなぎる120分。
 今見たら、雇われガンマンは『荒野の決闘』で主役をやってるヘンリー・フォンダなのか。彼が演じる保安官と、片足が不自由なイカサマ詐欺師の関係が素敵すぎる。銃を持つ二人の緊張感をはらむ力関係や、忘れられない過去の女や、アウトローとマイノリティの孤独を背景にして、微妙な陰翳を持っていてかなりよろしい感じ。同性愛的雰囲気と言われているけれど、濃厚な友情と信頼関係でもある彼らがたどる結末は、西部劇としてはこれ以上ないんじゃないだろうか。庶民である主人公と対比される、彼らのゴージャスな身なりもカラー画面に映えて格好いい!
 そんな人間ドラマもいいですが、圧倒的な強さを持ちながら非合法な存在である雇われガンマンと、そんな彼に力では及ばない元ギャング一味の保安官が、街をどう守り、無法者どもと渡り合っていくのかという、西部劇お馴染みのテーマも練られた脚本でスリリングに見せてくれます。
 最後の無音の決闘もおすすめ。黄金の銃の早撃ちなんて、なんて豪奢に格好良さの無駄遣い。
 とにかくアメリカ西部劇のおもしろさを凝集した一本で、おすすめです。あまり有名じゃないですが、良作なのでもっとみんな見るといい!
(動画には紹介するのにあんまりいいのがありませんでした)


明日に向かって撃て!
 ニューシネマ的西部劇。
 あらすじ。壁の穴強盗団として列車強盗などの悪事を働いてきたブッチとサンダンス。首領のブッチは口達者でサンダンスは早撃ちの名手。しかし彼らに凄腕の保安官らによる追っ手がかかり、ブッチとサンダンスは仲間を失い、這々の体で逃げ出す。サンダンスの女であるエッタと彼らは金脈のあるというボリビアへ脱出するが。
 彼らは西部では有名な強盗ですが、実はブッチは人を撃ったことがないし、サンダンスは泳げない。開拓地だったはずの西部には保安官による法の規律と秩序の力が幅を利かせ、彼らは敵わず追い出されてしまう。まだ残る夢の『西部』ボリビアでも、銀行強盗くらいしかできないから、やっぱりお尋ね者になる。で、例のごとく女には見捨てられる。
 一番身につまされるのが、ボリビアでの給料運びの護衛をするシーン。警察に追いかけられてまっとうな仕事をしようとしたら、銃の腕を買われてすることになった護衛の仕事。カタギの人々にたかってむしり取るという、それまで自分たちの列車強盗という悪行の矮小版である給料泥棒たち。ブッチとサンダンスは今までバカにしてきた『仕事だから』という言葉によって彼らを撃ち殺すしかなく、それはつまり今までの自分を殺したことに他ならない。そして依頼人と山賊の死体を前にして、彼らが自分たちがまともに生きることなどどだい無理なのだと悟るシーンは哀しいことこのうえない。
 まさに保安官の『お前たちは長く生きすぎた。お前らみたいな奴は血にまみれて死ぬしかないのに』の言葉通り。
 そんなニューシネマっぽくダメダメな感じで、アウトローである彼らにはどこにも逃げ場なんかないんだと徹底的に分からせられて、結構ドンヨリな感じの映画です。
 それでもあんまり暗い気持ちにならないのは、主人公の凸凹コンビのふたりがいつもゆるくユーモアを持って会話しているからだと思う。ラストの口論のあとのオーストラリアの話も、追いつめられて、助からない傷を負い、大量の警察に包囲されたなかで、彼らに残された最後の逃げ場所である『西部』(もちろんそんなところはない)なんだなあ、と思うと、西部劇もここまで来ちゃったのかと悲しい。
 あと音楽は楽しいです。
 原題は主人公二人の名前を並べた「Butch Cassidy and the Sundance Kid」でシンプル。邦題『明日に向かって撃て!』のほうはおそらくニューシネマの有名作「俺たちに明日はない」を意識して付けたと思うけれど、この映画にはそのノリほど無茶なまでに明日を信じる力はないと思う。
 とつらつら書きつつも、ラストシーンの二人のショットは素敵としかいいようがない。もう彼らの行き先は叶わないと知っている夢の中にしかないし、避けられるはずもない一斉放射の銃撃音がかぶさっていても。


「ワイルドバンチ」
 これから見る。

 さて、これらの西部劇は後のニューシネマや諸々のアメリカ映画を見る参考にもなったらいいなあと思いつつ。
 暴力を手に何かに乗るというのは、アメリカ男『カウボーイ』の基本だし。バスにタクシーにスペースシャトルに爆撃機と、何でもござれ。参照
 銃という暴力によって、無秩序な『開拓地』を法に従わせようとすること(あるいはそれがいかに矛盾であり難しいことなのか)は、今のアメリカ映画にももちろん通用するテーマだし。
 娯楽映画に楽しみつつ『アメリカって何?』と問い続けているようなところが、アメリカ映画の楽しさの一つだと思います。(でもたまに疲れる)

* 2009/08/16(日) # [ 映画感想文 ] トラックバック:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。