÷0  ジャンル雑多な読書感想文
2017.09 « .1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31» 2017.11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* --/--/--(--) # [ スポンサー広告 ]
セーラームーンSSに寄せる異種恋礼賛
たまに「異種間恋愛」などのキーワードで訪れてくれる同志のためのひとり語り。



今現在、少年漫画としての異種恋ベストは「遊戯王」の社長と青眼ですが、少女漫画としての最高峰は「セーラームーンSS」のペガサスとちびうさ(アニメver.)なのですよ。

 少女漫画のコンテクストで私が異種恋のやって欲しいこと全てを、非常に幻想的な演出と美しい絵柄で叶えてくれる、まさに正典。
 私が異種恋コンビを好きになるのは『異種族に惚れてしまうなんていうとんでもないことを「愛」とかいう不条理な力で当然のごとく成し遂げてしまう』というパターンが多いのですが、パターンど真ん中。ついでにその動物っぽさとか、メカっぽさとかが活かされている描写があるとなおいいです。
 最初から飛ばしているのも素敵。ちびうさが不思議な夢のなかで見た美しいペガサス(普通に馬です)に一目惚れするのがはじまりなのですが、目を潤ませて手を伸ばしているところなんか無駄な色気が全開で、最初からスタッフは飛ばしすぎです。そんなかんじで、なぜか戦いを助けてくれる正体不明のペガサスと、健気にペガサスを信じて戦うちびうさが一応話の軸です。
 で、大事なところは、ちびうさがペガサスの正体を知る前からペガサスのことが大好きだってことなんですよ。馬相手にときめいちゃったりするわけですよ。キスシーンを決意するのもペガサスのときなんですよ。(未遂ですが)正体が美少年だと知っても、やっぱり馬と一緒にいちゃいちゃしてるんですよ。素敵すぎる。
 おでこくっつけたり、一緒に空中散歩したり、というお約束なシーンは全て完備ですし、外見は少女とペガサスのピュアな純愛ですが、危険なまでの一途さと妙な背徳感がかもすエロティックさ(スタッフは自覚的に演出してると見た)とのちぐはぐな印象も良し。ペガサスが時折いなないたり、その他馬っぽい仕草を残しているのもポイント高いです。
 ペガサスの正体は儚げな美少年であるエリオス(外見年齢14歳くらい)ですが、それでも外見10歳弱のちびうさと並ぶと犯罪っぽく見えるので、これまたよい感じ。しかしこいつらの実年齢は1000歳以上と900歳です。
ついでにエリオスは薄幸の美少年に見えますが、ちびうさの着替えシーンの際に、ペガサスが息を荒くしながら幼女の着替えをちろちろと見ていたことをわたしは忘れない。
 一応最後は異種恋のお約束通り『別離』という形を取っていますが、こいつらの寿命を考えれば900年後にそのままの姿で仲良く再会ということで、わたしの脳内では無問題。人型でも馬型でも仲良くいちゃいちゃしてる設定。2代目EDのラストは再会のシーンだと勝手に思ってます。

漫 画版の方では、ちびうさは正体不明のペガサスを少々うさんくさく思っていたところ、正体が美少年だと知ってから惚れる流れです。美少女が美少年に恋するなんて、この世界では自明の理なので減点です。(でも、未来からやって来た年上っぽいレディセレニティに憧れて、幼女のちびうさを頑張って助ける流れはちょっと美味しい)

 一つのアニメ作品としてみれば、単調でマンネリが漂う作品ですが、異種恋度はピカイチ。加えてセル画アニメの一つの到達点とも言える安定した可愛らしい絵と、諸処に漂う変態感が素敵です。

 アニメと言えば、『勇者警察ジェイデッカー』のせいあさんとマクレーン(ロボット)もわたしのツボなんですが(17話の「邪神インティ」はテーマとかエロさとか素晴らしすぎる)、アニメスタッフに同志がいるとしか思えない。
スポンサーサイト
* 2009/07/20(月) # [ 企画 ] トラックバック:0
今日はとことん「清水義範」
○はじめに
半端なく長くなってしまいました。面倒くさい人は、適当に拾い読んでください。



 私が一番はじめに好きになった作家の紹介。
 日本では希少なパロディストであり、雑学おじさんであり、教育について語ってみたり、文学を解説したり、たまにはシリアスな小説も書いてみたりする。本業はユーモア短編(だと思う)だけれど、時代小説だって、SFだって、なんちゃってミステリだって、何でもござれ。誰にでもあっさり読める面白作品が多い、素敵なエンターテイメント。
 特筆すべきは、やっぱりパロディ。ステレオタイプとなったイメージを、こんなにも魅力的で面白く、愛情込めて書く人は他にいないと思う。
 今までに書いた作品は、おそらく200作以上。わたしが読んだのは、ちょうど100作。
 最近は西アジアの方に関心があるようです。でも、あまり読んでないので知りません。
 普及させるにはあまりにも閲覧者の少ないサイトだが、それでも紹介してみる。少しでも気になった方は、本屋さんへどうぞ。絶版ものも多いので、図書館かBOOKOFFに行けば、山のように積んであります。
* 2008/08/11(月) # [ 企画 ] トラックバック:0 コメント:0
2006年の読書総括
今年読んだ約80冊の中から適当に寸評

○今年の一冊
失われた時を求めて」&「ユリシーズ
20世紀の文学の始まりにして完成と、終焉にして到達点。
一冊じゃないですが、セットで。
お世辞にも読みやすいとは言えないし、よく分からないけれど長いので、他人に勧められるかというと勧めにくいのだが、読めばかなりの達成感と自己満足が得られる。
「失われた時を求めて9」の眠っているアルベルチーヌを眺めるシーンと、「ユリシーズⅡ」の遊び心は必読。



○今年のおすすめ
エロ事師たち」 野坂昭如
AV制作など戦後勃興期の風俗産業に関わるスブやんを筆頭としたエロ事師たちの話。
とにかく読みやすくて面白い。
下品きわまりないはずなのに、随所にちりばめられたアイロニーから漂う哀愁がまた心地よい。
まるで一回の性行のごとく、焦らし寄り道しながら、燃え尽きるまで、うさんくさい語りに乗せて、駆けて駆けて駆け抜けてしまえ。



○今年の登場人物
ニカルノ神父
百年の孤独」(ガルシア・マルケス)より
神の存在を証明するために、溶かしチョコレートを飲んで浮遊する。しかも12センチ。
とても説得的。
しかも作者のミスによって、頭を銃でぶち割られても、次のページではぴんぴんとしている。
意味が分からない。
これほど不条理で魅力的な神父を今のところ、他に知らない。



○今年の一言
「それで地球はどうなったんだ?」
「ああ、破壊されたよ」
「破壊」アーサーは抑揚のない声で言った。
「ああ、蒸発して消えちまったよ」
「あのさ」アーサーは言った。「ちょっとショックなんだけど」
銀河ヒッチハイク・ガイド」(ダグラス・アダムス)より
ある日我が家の敷地がバイパス建設予定地だったことに抗議して泥に寝転がって抗議していたアーサーが、いきなり宇宙船に乗せられ、銀河バイパス建設のために地球を破壊されたのを知ったときの一言。
まことにその通りがゆえに馬鹿馬鹿しいユーモアっていうのが、結構好みだったらしい。
この作品や「猫のゆりかご」みたいな、呆気ない滅亡ものSFは他にもあるんだろうか。



○今年のノンフィクション
ガリレオの指」 ピーター・アトキンス
「銃・病原菌・鉄」(ジャレド・ダイアモンド)と迷ったが、カバーしている範囲の広さと応用が利きそうなことからこっちに。
良質の科学解説本。
丁寧で正確な解説、わかりやすい比喩、にやりとさせられるユーモアと、解説書が持っているべき要件を3拍子そろえていて、大部だが読みやすい。
これだけ読んでおけば、いっぱしの科学通が気取れるような気がする。



○今年恥ずかしかった本
蛇を殺す夜」 奥泉光
黒光りして性器を模したような不気味な何かが蠢く表紙。
図書館で借りたときに、司書さんが裏返してくれたのに、裏も同様の装飾でどうしようもなかった。
中編2編で内容は(多分)まじめな純文学。
違う表紙で文庫化してくれたら買う。



○今年だまされた本
顔を持つまで」 C・S・ルイス
作者はナルニア国物語で有名な人。
ギリシャ神話のエロスとプシュケを元にして書いた小説。元の神話は読んだことがあったので、異種族感恋愛の話が読みたかったのに、中身は姉の葛藤を軸とした姉妹愛の物語でした。
全然違うものを期待して読んだのも悪かったが、物語の最後になって最初から分かり切っていたことをとくとくと語られても困る。



○今年の挫折本
「ブリキの太鼓」
ギュンター・グラス
そういえば、作者がナチスと関係があったことをカミングアウトしましたね。
で、何やらおもしろそうだったのだけれど、長いのと文庫の文字が小さいのに、一巻の半分あたりで挫折。最後は感動的らしいが、たどり着けるのはいつになるだろう。

○今年の反省
ヴォネガットJr.とか「キャッチ=22」とかイーガンとかSFがわりと豊作だった。
名作(特に海外物)も重点的に読めたし。
全体的にあまりはずれがなく、よかった。
アマゾンのリストマニアは活用すべし。

○来年の抱負
続けて名作をがんばって読む。
社会科学系(特に経済学)あたりも読んでみる。
ジャンルは食わず嫌いしないようにする。
来年も良い本に出会えますように。
* 2006/12/22(金) # [ 企画 ] トラックバック:0 コメント:0
Intorelance あるいは暮林助教授の逆説
漫画ですが
「Intorelance あるいは暮林助教授の逆説 」
川原泉 白泉社文庫

 ほのぼのした作風で、どことなく哲学風味が感じられないこともなく、恋愛色が薄いのが持ち味の川原泉作品。最近『笑う大天使』が映画化したので、ちょっと話題。が、この作品はそんな彼女には珍しくシリアスな感じのサスペンス短編。文庫版「中国の壷」あるいはコミック版「ゲートボール殺人事件」に所収。おそらく古本屋を探した方が早い。
 あらすじ。女子大生、鷹見陸にうり二つの大学生が、去年失踪した。それはともかく、暮林助教授に不当に単位を認定されなかった鷹見は彼に講義しに行くが、「気にくわない奴に似ている」という理由で一蹴されてしまう。彼は既婚者で業績も上げているが、妻には逃げられている。諸事情から鷹見は、担当教授であり暮林の親友である各務と共に、アルバイトとして暮林助教授の別荘に向かうことになる。そこにある桃の木は、なぜか一つだけとても甘い実がなるのだったが。
 記憶の差し替えとか、忘却とか、思考実験とか、かなり好みである設定満載のサスペンス短編でした。知的スノビスムを刺激される感じで。たまに差し挟まれるギャグも、適度に気が抜ける。
 他の短編も一風変わった感じのものが多く、だからといって説教臭くもなく、普通の少女漫画はなんだか合わないなあと思う方は、是非。


以下ネタバレ
* 2006/07/31(月) # [ 企画 ] トラックバック:1 コメント:0
たまには漫画感想文
基本的に完結作品のみ。終わりよければ全てよし。

□少年漫画

るろうに剣心
紹介する必要もないくらい、有名な漫画。ざっとあらすじは、過去は最強の人斬りであったが、今はさすらう緋村剣心が、剣術同情の神谷薫やその他の仲間達と出会って、闘ったり、過去を乗り越えていく物語。何やら色々と思い出深い作品。ジャンプで連載していた割には、テーマに対して真摯に向かい合っている気がする。とは言っても、京都編の方がエンターテイメントとしては面白くできているけど。あと、絵が丁寧だし。最近の漫画は、全体的に小綺麗になっている気はするけれど。愛憎絡む11巻が永遠のバイブル。


魔法陣グルグル
自分にとってのギャグマンガの原点。あらすじは、伝説の魔法陣グルグルを使える生き残りの少女ククリとなぜか「勇者」のニケが、魔王ギリを倒すために仲間達と旅を繰り広げるおかしな冒険譚。キタキタオヤジは有名ですね。10巻辺りまではすり切れるくらい読んだ。ガンガンなんてマイナー雑誌だから、年に1冊か2冊しか出ないし。途中で絵柄が何度も大幅に変わるし。とにかく、この前何とか完結して良かった。破れかぶれで終わってるんだけど、なぜだか笑える最終巻。


うる星やつら
といっても、最後の5巻ぐらいしか実際には読んでなかったり。さすがにあらすじは省略。渚と竜之介とか、因幡君としのぶとか、珍妙なコンビが好きです。まあ、登場人物全員がどこかおかしいわけですが。
あとは、蘊蓄溢れるアニメのメガネがよい。スターウォーズの物まねは噴飯物。さすが世界の押尾監督。
ところで「犬夜叉」はいったいいつまで続けるつもりなのか。

□少女漫画

ぼくの地球を守って
自殺者まで出た有名なファンタジー。前世について語る過去編と、その前世が絡む現世編が交錯しながら進んでいく。最終巻の、植物に包まれている髑髏のコマが、今までの流れを包含していて秀逸。少女漫画には珍しく壮大なファンタジー仕立て。最後のお約束のような「その後」も、実は結構好き。





ディアマイン
ショタコンじゃないのに、気づくと、二つとも年下ものだ。なぜだ。それは置いといて、あらすじ。主人公で高校生の咲十子は、借金の形に母親が勝手に決めていた婚約者の家に居候することになる。しかし、その相手は若干10歳にして大財閥の社長を務める社長だった。さて、二人の仲はどうなるのか、というところ。この人の作品は表情が巧い。ちょっと古い絵柄だけれど、読み進めていくうちに全然気にならなくなると言うか、むしろ味が出て来るというか。話はベタなんだけど、丁寧で読ませますね。
同じ作者の「てるてる少年」も良い作品だと思います。(てるてるって何だ?) 4巻完結だから、あっさりと読みやすい。少女漫画って、主題が主題だから、長いとだれやすいんでしょうね、やっぱり。
* 2006/01/05(木) # [ 企画 ] トラックバック:0 コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。